ドラマ・天皇の料理番のあらすじ&ネタバレ【原作読破】

Pocket
LINEで送る

 

TBSで放送される天皇の料理番の原作を読破したので、簡易なあらすじとストーリーを紹介しておこうと思います。ネタバレは含みますが、細かいエピソードや出来事はそれこそ山のように出てきますので、あらすじは骨格部分に当たる所だけを抜き出して紹介します。

ドラマがどんなふうに進んでいくのか、原作の小説を読んでみたいという方など参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

 

ドラマ・天皇の料理番の簡易あらすじ&ネタバレ

まず最初に断わっておきたいのは、ドラマと原作では設定の違いが見受けられることです。そのため、ここで紹介するのはあくまで原作のストーリーであって、ドラマのあらすじとは多少の相違点があることを頭に入れておいてほしいと思います。

さて、原作の小説は全9章で構成されていて、最もページ数が割かれているのが8章。8章は主人公の篤蔵が宮内省の料理人に着任してからのお話。それまでの修業時代とは打って変わって時間の流れが加速しつつも、最も主人公が輝いている時代を描いています。

杉森久英氏の原作小説の感想については下記記事でまとめています。また、あらすじは各章ごとに紹介していきます。

⇒ 杉森久英原作本・天皇の料理番の感想レビュー

※スマホでご覧の方はページを分割しておりますので、2ページ目も是非ご覧くださいませ。

 

胸に燃える火

物語の主人公、篤蔵の幼少期のお話。福井の武生という場所で生まれた篤蔵は10歳の時に坊主になりたいと言い出しでさっそく入門。いたずら好きでわんぱくだった彼はなんとか坊主としての修業にまい進するが、悪戯好きの性格が災いして破門。

その後料理屋の養子に入るが、それも離縁。海産問屋に養子に入って17歳という若さで嫁を貰うが、田辺軍曹から教えてもらったカツレツに出会い、料理の夢をあきらめられず単身上京。嫁も家柄も将来も何もかも捨てて、一人黙って家出状態で東京へ飛び出す。

 

天まで上がれ

法律を勉強するために上京していた兄を頼って東京に来てから華族会館で働き始めるまでのお話。東京で暇を持て余していた篤蔵は東京見物にいそしみ、何かきっかけはないかと探し続ける日々。そんな中、兄が世話になっている桐塚先生からコックの仕事を紹介される。

皇族や華族の方々の団欒の場所であり食事を楽しむ華族会館という場所で皿洗いからスタートする。このとき、篤蔵の将来は決まった。

 

負けじ魂

華族会館で働いていた時のお話。下っ端の下っ端、皿洗いからスタートした篤蔵は料理人の世界での立ち居振る舞いと上下関係を目の当たりにしつつも、上手に環境に適応しながら成長していく。

調理場で目にする何もかもが刺激となり、勉強となる日々。先輩の辰吉、新太郎ともうまく関係を築き、仕事にまい進する。そんな中、故郷に残してきた妻が兄の知らせで東京にいることを知って篤蔵に会いに来た。間もなく、子供が生まれるという。今は見習いゆえに自分ひとりすら生活がままならず、立派になれば必ず東京に呼び寄せると誓う。

料理への情熱を燃やし続ける篤蔵は、西洋料理の本場フランスに興味を持つ。料理の勉強をするにもフランス語が必須とあって、幼少のころ大嫌いだったにも拘わらず、なんとフランス語の勉強まで開始する。

 

フランス熱

華族会館での見習いの日々と新太郎が華族会館を去るまでのお話。ようやく見習いとしての仕事にも生活にも慣れ始めた篤蔵は心にも余裕が出てくる。吉原に行っては遊び、酒も楽しむ。日露戦争での日本軍の躍進に世の中は歓喜し、篤蔵はフランス語を学び続ける。

そんな努力が認められ、篤蔵は皿洗いからサラダ係に昇進し、先輩の辰吉もスープ係に昇進。一方、もう一人の先輩、新太郎には声がかからず、すでに料理の世界で生きることに限界を感じていた彼は悩みぬいた末に料理の世界を去って行った。

 

堪忍袋

篤蔵が親方とのトラブルの末に華族会館を辞めて下町の西洋料理屋で働くお話。華族会館での刺激に満足できなくなった篤蔵はイギリス公使館で料理人を務める五百木竹郎という男のもとへゆく。華族会館での仕事は仮病を使って抜け出して、こっちで修業に励む二足の草鞋を開始。

しかしそれがあだとなり、親方から明らかに嫌われ始める。いわれのないいじめにまで発展し、我慢に我慢を重ねてついに堪忍袋の緒が切れる。上下関係が絶対の料理人の世界で親方に馬乗りになって殴りかかるという事件を起こして、華族会館を飛び出す。

故郷の妻は男児を死産したとの知らせが病気療養の目的で規制していた兄から届き、驚きとともに妻子から逃れて自分ひとりの人生を生きていくことを意識し始める。篤蔵はその兄が下宿していた近くの西洋料理屋(バンザイ軒)がコックを募集しているのを知って、そこで働き始めることに。

 

新じゃが

篤蔵がバンザイ軒をクビになってから当時日本でも指折りのレストラン精養軒で働き出すお話。バンザイ軒では不思議な親方とその妻の存在に翻弄される。しかし、客の学生の議論に篤蔵が参加たところ見事に論破してしまい、客が謝罪するという出来事が。客に頭を下げさせる奴はいらぬ、と篤蔵は店をクビになった。

故郷に一度舞い戻った篤蔵はやつれていく兄の姿を目の当たりにし、そして妻が新しい縁談の話が進んでいることを知る。すべてを捨て去る決意をした篤蔵は妻にも逢うことなく東京へ舞い戻る。

五百木の紹介で精養軒というレストランで働き口を確保した篤蔵。当時の政治家はもちろん、明治初期から僚や軍部の人間がよく利用してきたレストランで再び皿洗いからスタートする。フランス帰りの日本一の料理人だった料理長の秘蔵ノートを盗み出す大事件も起こす。

 

セーヌ川のほとり

フランス修行時代のお話。日に日に強くなっていくフランスへのあこがれは、実家の金銭的な援助もあってついに実現。金銭面は大丈夫だから、徴兵検査や語学面など用意周到に準備せよという兄のアドバイスでフランス行きを勝ちとる。

途中ベルリンによってパリへ入り、大使館や領事館の人間に世話になりながらなんとか働き口を見つけた。見習いが勉強するという立場ながら、厨房に入り込むことに成功。フランス修行は5年にもおよび、途中華族会館時代の先輩でり画家志望だった新太郎とも再会する。

時に人種差別やいじめに遭遇するも、持ち前の負けん気で相手に立ち向かい、決して相手に屈することはなかった。金銭的には厳しい生活だったが、職場を転々とするうちに篤蔵の腕が認められて稼ぎはどんどん膨れ上がっていった。そんな中、大使館から思いもよらぬ知らせが届く。天皇の料理番の誘いである。

 

雲の上

宮中での料理番に就任してからのお話。ここが最も主人公が輝いた時代。新しい妻を迎え、フランス時代に師事した料理人の本を翻訳出版もした。

天子様のおそばといえど、料理人の世界に変わりはない。外部からいきなりやってきた篤蔵にも敵は多かったが、もう彼には慣れっこである。去る者も多かったが、彼の存在を認めるものも多かった。

大正天皇の即位の儀式や皇太子の欧州歴遊、イギリス晩餐会など忙しくも充実の日々を送る。イギリス皇太子が日本歴遊で来日したときには、篤蔵の料理にいたく感動し勲章を授かる。料理人の世界で確固たる評価と地位を築いた瞬間である。

また最愛の妻を亡くし悲しみに暮れて酒を飲んでは泣き上戸、周囲を振り回していたが、料亭で働く若い女性を妻として迎えることになった。

 

戦前のあとさき

戦時下~終戦、そして篤蔵の引退までのお話。日中戦争、日米の戦争に突入し日本はまもなく敗戦を迎える。終戦の翌年が最も経済的にも物資の面でも困窮し、デモ隊が宮中に侵入しては抗議活動を行うなど物騒な時代であった。

戦後の絶望から日本が希望を見出していく中で篤蔵の晩年のダイジェストが描かれる。1947年に職を辞任、2年後に死去。

 

妻の存在は原作とドラマで違う可能性大

原作では妻は全部で3人。一人目がおふで、二人目が敏子、三人目がお菊となっていましたが、ドラマでは福井の故郷の妻が俊子となっています。また幼少期も非常に簡単に描かれるでしょう。

原作そのものは結構なボリュームですから、いくら連ドラといえど10回かそこらでまとめるのは結構厳しいというのが率直な感想です。そのため、省く部分と入念に描く部分がはっきり分かれていく可能性もありますね。

いずれにしても、キャストは豪華ですし撮影にもめちゃくちゃお金がかかっていそうな雰囲気です。ドラマは視聴率を取りに来ているでしょうから、かなりの話題作になる予感がプンプンしています。


スポンサーリンク



Pocket
LINEで送る

Top