天皇の料理番・篤蔵の実話モデルになった秋山徳蔵氏

Pocket
LINEで送る

 

 TBSでドラマ化されている「天皇の料理番」は物語に登場する主人公の篤蔵は実在の人物、秋山徳蔵氏(故人)をモデルにしたものです。史実→原作小説→ドラマという流れで作品化されたものなので、少しずつズレと違いが生じており、史実とドラマを比較するとあらすじの骨格は事実に基づいたものでも細かい設定は大きく離れている可能性が高いと言えます。

篤蔵のモデルになった秋山徳蔵氏は一体どんな人物だったのか、ご本人が記された書籍の内容を参考にしながら紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 天皇の料理番・篤蔵の実話モデルになった秋山徳蔵氏の概要

ドラマの原作になっている小説は事実に則した内容ではあるものの、細かいエピソードは創作のためフィクション扱いになっています。ただ原作の「天皇の料理番」を読んだ後、モデルになった秋山徳蔵氏本人が記した「味」という書籍を読んでみると、大部分が事実に則したものであることがわかります。

幼き頃に坊主に憧れて入門したものの先祖のお墓を崖に突き落として波紋になったこと、大阪に憧れて家出したこと、料理長の献立表を盗む事件を起こしたこと、フランス時代に日本人という理由で理不尽な扱いを受け、ナイフで脅したことなど、宮内庁で働き出す以前のことも本人が記した書籍で紹介されていました。

→ ドラマ・天皇の料理番のあらすじ&ネタバレ【原作読破】

 

また、その一方で中国に料理研究のために中国を食べ歩いたことや、内閣総理大臣にもなった西園寺公望公との逸話、吉川英治、菊池寛といった時代を代表する作家たちとの交流といった小説ではあまり語られていない所も紹介されています。

本人による回顧談は「溺愛していた」という妻の俊子については語られていました。しかし小説で詳細に描かれていた女性関係は全く語られていません。故郷で結婚していた妻を捨て去って東京に出てきた話も一切語られておらず、またフランス時代の女性の話も出てきていません。まぁ自分で書いた書籍なの、でこの辺のことは仮に事実であっても書けないでしょうが。

 

厳しい料理の世界を勝ち抜いてきた秋山徳蔵氏と若者感が興味深い!

この書籍で書かれていた文言で特に興味深かったのが、料理の世界で当時理不尽なほど厳しかった修行時代を振り返った以下の部分です。明治~昭和の時代では料理人は決して尊敬を集める職業ではなく、それは厳しい厳しい職人の世界。そんな世界で下っ端から修行を重ねてきたのが秋山徳蔵氏です。

 

 まことに、乱暴と言えば乱暴、だが禅味たっぷりな教育方法である。つまり、自力で悟れということなのである。教えてもらうのではなく、先輩の持っているものを引張り出せというゆき方である。

(中略)

今の若い人達は、まるっきり様子が違っている。

ひッ叩くどころか、それはやり方が違うよ-と注意したぐらいで、プンと向こうへ行ってしまう者もいる。そんなのは極端な例だが、いったいに、仕事を向上させたいという熱意より、その仕事で収入を得るという意識のほうが遥かに強いから、どうしても、腕そのものはお留守にならざるを得ない。

(中略)

しかし-この、しかしを私は声を大にしていいたいのだが-自分の仕事に対する真剣さということ、こればっかりはどんな世の中になっても、変りなく大切なことで、それがまた食っていゆくのにもぜひ必要なことだと思うのだが、その点、今の若い人たちの考えが不思議でならなくなる時がある。

秋山徳蔵著 「味 – 天皇の料理番が語る昭和 (中公文庫)」P25~27より引用

 

「最近の若者は…」と不満を持つ年配の方はどの時代にでもいるもので、ここで書かれている内容も今の若者に対しても一致する内容かもしれません。しかし、この本が出版されたのは1955年ですよ、今から60年前。ここで登場する「若者=二十歳前後」と仮定すると、つまり2015年現在で80歳前後の方々を指しています。今の時代だって昔の時代だって、若者と年配の方は相容れないものがあったんでしょう(笑)

ただ、(中略)で省略したところには、時代が既に変わったこと、こういった若者の価値観もやむを得ないことなど、かなり譲歩した記述があります。最後の「しかし~」の所は強調されているものの、料理の世界に訪れる新しい時代の到来を予感して、しかもそれを楽しみにしている雰囲気が伝わる文章であったことは追記しておきます。

秋山徳蔵が見た天皇陛下と料理番というお役目

度々触れているご本人が記した書籍の中で、非常に説得力あふれる、興味深い文言が多くありました。

 

私は、陛下ほど民主的な方はないと信じている。四十年間お傍に仕えた私がいうのだから、誰が何と言おうと、真実である。そのへんにいるつまらぬ役人どもや、政治家の方が、ずっと非民主的である。

秋山徳蔵著 「味 – 天皇の料理番が語る昭和 (中公文庫)」P83より引用

 

 

私は偶然、京都にいたときに今上天皇と皇后さまが乗っている車がゆくのをみたことがあるのですが、「えっ、天皇皇后両陛下ってこんなフレンドリーなの!?」と衝撃をうけるほどの笑顔で、身を乗り出して道路脇にいる市民に手を振っておられたのを覚えています。ここで言う四十年間使えた天皇は昭和天皇のことですが、陛下が民主的と言われると確かに腑に落ちるところがあります。

そして、テレビで見る政治家たちや、たまに行く役所の不親切な対応を思い出すと、さらに腑に落ちてしまうところがあります(笑)

 

意外なほど質素な天皇陛下のお食事内容

天皇陛下のお食事というと、贅沢で庶民とは全く違う世界のものというイメージがありますが、その点ははっきり否定しています。戦前のよき時代でも、戦時中、そして苦労した戦後であっても庶民と同じような食事内容でした。しかも純白のご飯をお出ししたい料理番の立場ながら、陛下はそれをお許しにならず、外米を混ぜたり、パンを焼くにしてもきな粉やとうもろこしを混ぜるなど、質素で慎ましい食事を続けられたとのこと…。

陛下からは好き嫌いを申されることもなければ、食べたいものをお望みになることもなかったので、食べる量や残すもので察していたといいます。特に戦後は日本が苦しい立場に追い込まれ、庶民も非常に厳しい生活でした。陛下も心をお痛めになっていたのか食欲がなくやせ細り、料理もよく残されていたといいます。この当時のことを、秋山徳蔵氏は料理人として最も過酷な時代だったと振り返っています。

 

天皇の料理番・秋山徳蔵氏が思う料理哲学

料理というのは真心である。

これが秋山徳蔵氏の一つの料理哲学です。

 

書籍の中で度々触れられているのが、料理人が専門的に作る料理と、家庭で味わう料理は全くの別物としていたことです。そして、自身が思う一番美味しい料理はなんと「家庭料理」なんだそうです。料亭で食べる料理より、家で食べる料理のほうがよっぽどうまい。何も考えずに食べられて、そして何より真心がこもっているからだと。

またそれ以外の理由として職業病とも言えるこんな事情が紹介されていました。色々な場所で料理を食べるものの、全く食事が楽しめない。 この味はどうなっているのかと、いちいち味を解剖してしまう。味に対して全神経を働かせるから、ちっともうまいと思わない。料理屋を後にしてから「うまかったなぁ」と思い出すのだが、食べている最中にそれを感じられないから、不幸なことこの上ない、と。

今の時代の料理人にも言えることかもしれませんが、料理の世界とは程遠い私のような一般庶民とは全く違う世界観です…。

 

天皇の料理番のドラマの楽しみ方

ドラマでは下っ端の修行時代やフランス修行時代など、宮中で働き出すずっと以前のことも描かれるはずです。その内容も事実に則したものだと思いますが、ここで紹介したような「最終的な姿」に繋がっていくサクセスストーリーの過程として見るのも楽しいかもしれませんね。

 


スポンサーリンク



Pocket
LINEで送る

Top