糖質制限中の朝食は定番化してしまおう!【経験談】

スポンサーリンク

糖質制限を開始して最初にぶち当たる困難というと、朝食ですよね。なんせ食事は炭水化物、糖質禁止。そうなるともりろん食パンもダメ、おにぎりやごはんも食べ、シリアルもダメ、グラノーラもだめ。えっ、何食べるの?というのが最初に思ったことでした。

おそらくこれから糖質制限を開始する人、もしくは始めて見たけどさっそくこの壁にぶち当たった人のために、一端の経験者として、私が糖質制限中に食べていた主な朝食メニューや便利で裏ワザ的なメニュー考案方法をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

糖質制限中の朝食メニュー/経験者は何食べてるの?

サラダ

パンは生成された糖質が少しでも少ないライ麦パン。そしてサラダ、無糖ヨーグルト、ミルク少な目のコーヒー、そしてゆで卵、チーズ。これに少量の果物が入ることもありますし、気合が入っている日は糖質を減らしつつ栄養も摂りたい欲張りな考えから、リンゴの皮を食べたりしていました。

どうしても肉や魚などのコッテリがっつり系のものを食べる機会が多くなるので、野菜は毎日大目に食べていました。野菜だけではもちろんダメですが、肉や魚、卵、チーズばかりも正直飽きるので、毎日サラダの内容を工夫するのが食事に飽きないコツかと思います。

食べる順番に気を付ける

当サイトでは何度も書いていますが、糖質制限中は食べる順番にも気を使います。実は血糖値の上昇を防ぐにはそれほど効果がないという噂もありますが、まぁしないよりはマシだろうと思って毎日実践していました。

他にもこんな和風な朝食

  • 鶏胸肉の野菜炒め or 焼き魚
  • 目玉焼き
  • チーズ
  • 味噌汁
  • 雑穀米少々
  • 無糖ヨーグルト
  • 生野菜(サラダ) or 豆腐

正直、これだけのメニューを毎朝作るのは疲れますよね。だから前の日の晩のおかずを多めに作っておいて、そのまま朝食に食べることが多かったです。あとはチーズと目玉焼きとサラダを用意するぐらいなので、0から全部を作るよりは労力的にはずっとマシでした。

糖質制限中の朝食メニューは以外と幅が狭い

糖質制限食の朝食は私の経験上、メニューが毎日似たり寄ったりになります。だいたいはチーズ、卵、サラダ。あとは何を加えようー?といった程度で、大半はライ麦パンであったり夕飯の残りであったりになります。

それでも、正直朝食ってあまり用意に時間を掛けたくない人がほとんどだと思います。グラノーラとかシリアルとか、袋から更にザザーッッと出して牛乳入れて食べるっていう手軽さに比べたら、面倒なことこの上ない。私も最初は頑張ってたんですけど、数週間経過した頃に、「これは朝食をなんとか考えないと、このままじゃ続けるの無理だな」って痛感しました。

コンビニや低糖質食品を活用するのもあり

さすがに毎日毎日そんなに時間と余裕がないという人は、コンビニをうまく活用しましょう。ローソンには糖質制限用のパンも売っていますし、セブンイレブンにもおかずだけの惣菜を扱っています。味もそんなに悪くないので、朝はチャチャッとそれを食べるというのも全然OK。

あとはちょっと値段が高いけど便利なのがこれ→「大豆ロールパン プレーン

糖質制限にいい大豆100%のロールパン、今こんなのあるんですね。値段は確かにちょっと高いけど、これさえ買えば朝食はコレっていう調理なしの定番が出来るんで、糖質制限を続ける上で避けては通れない朝食ストレスから逃れられると思います。

昼食も麺類が食べられないので色々工夫が必要になってきますけど、低糖質のラーメンなんてのもあります。全部をこれに頼るのはよくないですが、全部自分で作るのも大変です。

糖質制限は続けてナンボですから、こういうものも上手に取り入れながら続けていくのもコツかなーと思います。

→ 【低糖質唐辛子とんこつラーメン風】

意外と何とかなるから大丈夫

最初は朝食から炭水化物が抜かれるなんて、どうすればいいんだ!と途方に暮れましたが、意外と何とかなります。毎日はりきって朝食を自分で用意するのもいいですけど、絶対どこかでバテます。そういう時に(お金が少しかかっちゃうけど)上のような食品を上手に取り入れて、気持よく続けていくのが大事です。

こういう食事制限は習慣に落とし込んで、自分の負担を少しでも減らす工夫をしながら続けていくことなので。料理が得意な人とか、時間に余裕がある人はいいんですけどね。

大特集の目次ページはこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top