NifMoでドヤ顔テザリング→通信制限発動→速度制限→( ;∀;)

スポンサーリンク

@niftyが提供する格安SIMのNifMoを使って、テザリングをすることが出来ます。使用しているスマートフォンを親機にしてWi-Fiを飛ばし、パソコンやタブレットでWi-Fiと接続して楽しむことをできます。

自宅にWi-Fi環境がない方をはじめ、カフェや外出先でテザリングをする方も多いと思いますが、NifMoでテザリングをする場合は通信制限があるので注意が必要です。

私のように、カフェでドヤ顔テザリングをしてたら翌日、速度制限がかかって半泣きなんかにならないように!!

スポンサーリンク

NifMoでテザリングしすぎると通信制限で速度爆下げの罠

NifMoでテザリングのやり方はAndroidならどの端末でもほとんどやり方は同じです。下記に記事の内容はほとんど一緒です。

IMG_20150709_000713

私はよくカフェやコーヒーショップでテザリングをします。実体験なのですが、テザリングをやりすぎたことでNifMoの通信制限に引っかかってしまい、速度制限で超低速通信になってしまいました。

NifMoの通信制限条件は公式サイトに記載されています。ちょっと引用してみましょう。

また、直近3日間の通信利用量の合計が3GBプラン:650MB、5GBプラン:1,100MB、10GBプラン:2,200MBを超えた場合にも制限がかかります。直近3日間の通信量が先の上限を下回った場合に制限が解除されます。

※ 通信速度が制限されると、上り下り最大200kbpsでの通信となります。

引用元:http://nifmo.nifty.com/price/limit.htm

私は月に1回~2回程度外出先でテザリングをしますが、1回あたり数時間~と利用時間が長いです。しかもパソコンでガッツリネットをします。私の場合、3GBプランと契約しているので、直近3日間で650MBを超えると通信制限にかかってしまいます。

NifMoの場合はIIJやDMMモバイルなどとと違って、低速通信、高速通信の切り替えを自分で行うことが出来ません。しかもテザリングでの通信量だけでなく、スマートフォンでの通信量も対象ですからね。当然、動画閲覧や大容量ファイルのダウンロードなどをしていると、3GBプランということもあって案外すぐに引っかかるなぁという印象です。

自宅にWi-Fi環境がなくて、パソコンを使うときはテザリングを想定している人はこの辺りも考慮しておかないと、いざというときに通信制限がかかってイライラするという目に遭います…。

NifMoで通信制限・速度制限がかかっているときの実測サンプル

私が通信制限を喰らったときの回線速度の実測数値を紹介します。真ん中の下り30.48Mbpsは速度制限が解除されている時です。

Screenshot_2015-07-08-23-36-32

ご覧のとおり、速度制限がかかっていないときと比較すると数値が全然違います。NifMoの通常時の回線速度はめちゃくちゃ早いので、落差がかなり大きい分、制限がかかるとすぐにわかります。

IIJmioやDMMモバイルにあるバースト機能もないので、体感速度は相当、遅く感じます。正直、この遅さはかなりのストレスです。Yahooニュースを見るのもイライラするレベルなので…。

通信制限まで残りはいくら?NifMoの通信量確認方法

高速通信・低速通信の切り替えはNifMoでは出来ません。そのため、通信制限を避けるためには日々使用している通信量を確認しておくしかありません。もしくは、有料でデータ通信量のおかわりを購入するか。

NifMoのマイページにログインすると、データ通信利用量を確認できます。ちょっと見にくいですが、右端のところで1日1日の通信量を確認できます。

nifmo-date

NifMoでのテザリングご利用は計画的に♪

テザリングのご利用は計画的に行わないと、速度制限が突然降りかかってきます。一回速度制限がかかると1日ぐらい時間を置かないと戻らないので、注意しましょうね!!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top