Huawei Ascend Mate7とnexus6:高機能SIMフリースマホ2機種

Pocket
LINEで送る

 

格安スマホという表現が全く似合わないほどの高機能な2機種がHuaweiのAscend Mate7とGoogle Nexus6です。この2機種は販売価格がそれぞれ49,800円と69,800円。この値段が示す通り、もはや格安でもなんでもない高機能スマホ端末を自分の使い方に合わせたMVNOと組み合わせて使う

端末に関しては実機を使ったレビューではないので発表されている情報を基に、どういう人向けのSIMフリースマホなのか、最近注目の格安スマホに関心を持ち始めたぐらいの人を想定し、専門用語少なめのやさしさ溢れる内容で(?)紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

Huawei Ascend mate7とnexus6のハイスペック比較

まずスペックに関してですが、私もそうなのですがただ単にスペックを並べてみてもそれがどうスゴイのかよく分からないということがあります。そのため、日本では絶大な人気を誇りながらとっても高価なiphone6を基準にスペックを紹介します。

 

 Ascend mate7

AscendMate7

 nexus6

Nexus6

 iphone6 

iphone6

 OS

 Android 4.4 KitKat Android 5.0 iOS 8 
 CPU

 Hisilicon Kirin 925 オクタコア

1.8GHz / 1.3GHz

Qualcomm Snapdragon 805 Apple A8 
 メモリ(処理)2GB 3GB 不明 

ストレージメモリ

(保存領域) 

 16GB ※microSD対応32GB/64GB

16GB

(64GB/128GBもあり) 

カメラ1300万画素 1300万画素  800万画素 
 インカメラ 500万画素 200万画素約120万画素 
 ディスプレイ

1920×1080 

フルHD 6インチ

 5.96インチ QHD

2560×1440 

4.7型Retina

HD1,334×750 

 税込み価格 49,800円

32GBが75,168円、

64GBが85,536円(Ymobile) 

73,324円

(16GB SIMフリー版)

 

保存領域を示すストレージの違いでかなり価格も変わってきます。ディスプレイに関してはNexus6が一番高機能でカメラ機能も充実しています。3機種を純粋なスペックで比較してみると、iphone6はスペックの割に結構な高価格です。

もちろんAppleというブランドも含めた価格ですし、周囲の人が多く使っているという安心感もあるかと思いますが、同じ値段で高機能なものが欲しかったり、iphoneにこだわりがないと言うのであればNexus6を選でもいいでしょう。

 

Huawei Ascend Mate7のデュアルSIMとバランスのいいスペック

AscendMate7

 ファーウェイのAscend Mate7にはデュアルSIMという、SIMカードが2枚挿入が可能になっています。データ通信のみのSIMと格安の音声通話付きのSIMとの使い分けや、2枚のSIMカードを使い分けることでデータ通信量を節約や使い分けも可能になります。

ただ正直このデュアルSIMを使いこなせる人はもちろん、そもそもデュアルSIMを必要としている人自体もかなり少数ではないでしょうか。これから格安SIMを導入してみたいという人にはほとんど必要ないものと言っていいと思います。

 

 

格安スマホという言葉には似合わない高機能ハイスペックな2機種

5万円以上という価格を見ても、格安スマホと呼ぶにはかなり無理があるほどの高スペック機種です。以前は格安スマホというと安かろう悪かろうというイメージが強かったのですが、Ascend Mate7の発表会では「Huaweiのスマートフォンは格安スマホではない」という言葉も出たほどです。

これら高スペックな高価格帯機種は格安スマホと呼ぶには確かに無理があり、実際の所は月々の維持費は自分にあったプランを選んでしっかり抑えるけれど、使用するSIMフリースマホは高スペックものを吟味して使うというパターンが多くなると予想できます。

「これから格安スマホを導入してみようか」、「維持費の安さに魅力を感じていている」、あるいは「基本機能や最低限のデザインにはこだわるけれどそんなに高価なものは必要ないと」いう人にはあまり関係のない商品たちかもしれません。

 

Ascend mate7とNexus6、Asus Zenfone5とAscend G620s

SIMフリースマホの中では超高価格帯、高価格帯、低価格帯、それ以下の超低価格帯というそれぞれのステージがあり、ハイモデル、ミドルモデル、ローモデルとも言い換えられます。Ascend Mate7とNexus6は高価格帯に位置する製品で、実質この2機種はライバルや互いの対抗馬として扱われるでしょう。

一つ下の価格帯(2万~3万円ほど)にはAsusのZenfone5と同じくHuaweiのAscendG620sという製品があります。 格安スマホ初心者やコスパ重視の機能十分なスマホを選びたいのあれば、現状この2機種は選択肢に入れておいたほうがいいでしょう。他にもZTE・Blade Vecなんかも評判がいいです。 

 

Nexus6はYmobileで、Ascens meta7は楽天モバイルなどでセット販売

Y!mobile

Nexus6はYmobileでSIMカードとスマホ端末のセット販売が行われています。Ymobileであれば分割払いも可能ですが、MNP適用など様々な割引があってもそれほど価格は下がらないのでGoogle Playで単品一括購入+自分でSIMカードを用意するという方法を取る人が多くなるかもしれません。

一方のAscend Meta7は楽天モバイルやU-mobileとのセット販売が行われています。こちらもセット販売であれば分割払いの割賦販売も可能です。楽天モバイルでは一括で購入すると楽天ポイントが付与されるなどの特典もありますので、どのプランで購入するか、自分で端末を用意するかを検討するといいでしょう。

 

【追記】

ASUSのZenfone5と迷いましたが、私は最終的にファーウェイのAscend G620sを購入しました。

参考>> Huawei Ascend g620sを世界一リアルで生々しくレビュー評価する


スポンサーリンク



Pocket
LINEで送る

Top