Huawei Ascend Mate7とnexus6:高機能SIMフリースマホ2機種

スポンサーリンク

格安スマホという表現が全く似合わないほどの高機能な2機種がHuaweiのAscend Mate7とGoogle Nexus6です。この2機種は販売価格がそれぞれ49,800円と69,800円。この値段が示す通り、もはや格安でもなんでもない高機能スマホ端末を自分の使い方に合わせたMVNOと組み合わせて使う

端末に関しては実機を使ったレビューではないので発表されている情報を基に、どういう人向けのSIMフリースマホなのか、最近注目の格安スマホに関心を持ち始めたぐらいの人を想定し、専門用語少なめのやさしさ溢れる内容で(?)紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

Huawei Ascend mate7とnexus6のハイスペック比較

まずスペックに関してですが、私もそうなのですがただ単にスペックを並べてみてもそれがどうスゴイのかよく分からないということがあります。そのため、日本では絶大な人気を誇りながらとっても高価なiphone6を基準にスペックを紹介します。

 

 Ascend mate7

AscendMate7

 nexus6

Nexus6

 iphone6 

iphone6

 OS

 Android 4.4 KitKat Android 5.0 iOS 8 
 CPU

 Hisilicon Kirin 925 オクタコア

1.8GHz / 1.3GHz

Qualcomm Snapdragon 805 Apple A8 
 メモリ(処理)2GB 3GB 不明 

ストレージメモリ

(保存領域) 

 16GB ※microSD対応32GB/64GB

16GB

(64GB/128GBもあり) 

カメラ1300万画素 1300万画素  800万画素 
 インカメラ 500万画素 200万画素約120万画素 
 ディスプレイ

1920×1080 

フルHD 6インチ

 5.96インチ QHD

2560×1440 

4.7型Retina

HD1,334×750 

 税込み価格 49,800円

32GBが75,168円、

64GBが85,536円(Ymobile) 

73,324円

(16GB SIMフリー版)

保存領域を示すストレージの違いでかなり価格も変わってきます。ディスプレイに関してはNexus6が一番高機能でカメラ機能も充実しています。3機種を純粋なスペックで比較してみると、iphone6はスペックの割に結構な高価格です。

もちろんAppleというブランドも含めた価格ですし、周囲の人が多く使っているという安心感もあるかと思いますが、同じ値段で高機能なものが欲しかったり、iphoneにこだわりがないと言うのであればNexus6を選でもいいでしょう。

 


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top