杉文と結婚し嫁にした久坂玄瑞の生涯

Pocket
LINEで送る

 

 杉文と結婚し嫁に持ち、禁門の変で自決した久坂玄瑞の生涯

久坂玄瑞photo by wikipedia-久坂玄瑞

久坂玄瑞は恩師松陰がその才能を絶賛した、松下村塾双璧の一人です。25歳という非常に若いときに亡くなっていますが、もし維新の時代まで生き残っていれば優れたリーダーシップでさらにその名を歴史に残していたでしょう。

大河ドラマ「花燃ゆ」では東出昌大さんが演じ、井上真央さん演じる主人公の杉文と結婚し夫婦となります。

 

スポンサーリンク

 

幼少時代から松陰との出会いまで

長州藩医の家に三男として生まれる。端正な顔立ちと容姿で、美声の持ち主だったという。今風に言うなれば「すごくかっこいいイケメン」!しかも当時としては大男、180cmほどの長身。

ただ、久坂玄瑞は14歳から15歳という多感な時期に相次いで両親、兄といった最愛の家族を亡くし天涯孤独となる。兄の玄機は医師となり、蘭学の分野で長州藩では先駆者であった。藩主から直々に海防策に関する意見を求められ、病床の中必死に意見書を執筆し、まもなく死去した。非常に優秀であったが、若くして他界。玄瑞は私塾で学んだ後、藩校の明倫館で学び、九州へ遊学した。

もともと月性(げっしょう)という兄の友人であった僧から吉田松陰の噂を耳にしており、九州遊学で意気投合した宮部鼎蔵からも吉田松陰に入門することを薦められ、当時獄内にいた松陰へ手紙を書く。当時、玄瑞は17歳であった。

 

そして松陰との出会いと松下村塾

自らの志と日本の行く末に関して自分の考えを書いた手紙を松陰へ送ったが、松陰はその才能を見抜き意図的にそれを踏みにじった。激しく反論した玄瑞と松陰との間で3往復もの手紙のやり取りが行われ、後に説き伏せられた玄瑞はそのまま松陰の元へ入門する。

吉田松陰は久坂玄瑞を「防長年少第一流の人物」、「天下の英才」といった言葉で彼の人柄を評価し、その才能とリーダーシップをこれ以上なく賞賛していた。後に久坂玄瑞は高杉晋作と並べられ「松下村塾の双璧」、吉田稔麿を含めた「松下村塾の三秀」とも言われている。

 

松陰の妹、杉文との結婚

家族もない孤独な身であった玄瑞は恩師の松陰の希望もあって、妹の杉文と婚約する。結婚後は松下村塾があり文と松陰の実家である杉家で生活を共にしたが、その期間は僅か三か月足らずだった。

その後久坂玄瑞は江戸へ遊学し、途中立ち寄った京都で過激な尊王攘夷派の志士たちによる活動と幕府の厳しい取り締まりを目にする。そのとき耳にした吉田松陰の間部詮勝暗殺計画、伏見要駕策といった過激な言動にも困惑を見せていく。

 

吉田松陰から送り付けられた絶交状

日本の行く末を案じて自ら過激な行動をすることを一切いとわない松陰であったが、口だけで一切行動に移そうとしなかった門下生に対し、松陰は怒りを露わにする。恩師松陰に落ち着いて欲しいという血判状を送るなど、門下生は門下生で四苦八苦していたようだが、その怒りは収まらずついには絶縁状(絶好状)まで送りつけた。

後に玄瑞が松陰がいる獄へ訪れ、わだかまりは解けていったようだ。しかしその直後、門下生の思いも虚しく、吉田松陰は斬首により処刑された。

優れたリーダーシップと政治力

活躍の場を京へ移し始めた久坂玄瑞。佐久間象山をはじめ、土佐勤王党の武市半平太、坂本龍馬といった各藩の志士たちと交流を重ね徐々に存在感を示していった。長州へ戻れば松下村塾で学んだ同志たちを束ね、英国大使館焼き討ち、関門海峡外国船砲撃など、まさにこの時代の長州の顔となっていく。

ちなみにこの頃、妻である文の兄・梅太郎に対し、金の工面を手紙で依頼している。しかもその内容というのが、「自分は長州藩を代表している身であり、各藩の志士たちと交流する際に飲食や酒代をどうしても払ってしまう。これは自分の性格なのでどうしようもない」というもので、その胸中を漏らしている。また、嫁の文に対しても「京での取り締まりと幕府側の見回りが厳しく、参っている」と苦しい胸の内を書き記している。

 

池田屋事件から禁門の変へ

徳川幕府と朝廷の協力体制を掲げた「公武合体策」や長井雅楽による「航海遠略策」に反対し、長州藩における政治方針を一変させた久坂玄瑞。藩内においてもその存在感は日に日に増していくばかりであったが、八月一八日の政変で京を追われると、政治の中心から長州ははじき出された。

長州藩内では「情勢を一気にひっくり返すべく京へ挙兵すべき」と言う強硬派と、「情勢を冷静に見極め挙兵は避けるべき」と考えていた穏健派(久坂玄瑞や桂小五郎はこちら側だった)の一進一退のやりとりが行われていた。

しかし1864年、新選組による攘夷派の志士たちを襲撃した池田屋事件(吉田稔麿などが落命)が発生すると、強硬派が多数となり、ついに挙兵。久坂玄瑞は兵を率い京へ向かった。

久坂玄瑞、自決

会津を中心とした幕府軍と一進一退の戦況のなか、長州藩は天皇のいる御所へ発砲、兵を進める。「長州の無実を帝に訴える」という大義名分であったが、結果的にはあまりに無謀な策だった。当初兵を挙げず静観していた薩摩藩は御所への発砲(=天皇の身に危害を及ぼす)のを見過ごす訳にはいかないという大義名分を理由に戦況に参加。(この大義名分は、薩摩藩は幕府の味方をするために兵を挙げたのではないという裏の理由もあった)

この薩摩藩の兵が戦いに参加したことで長州勢はめった打ちになり、戦は僅か1日で決着がつく。久坂玄瑞は帝へのお取次ぎを願って公卿の鷹司邸へ赴くがあえなく拒絶された。屋敷は火に包まれ、直後に被弾した久坂玄瑞は覚悟を決め、その場にいた同志、寺島忠三郎と刺し違えて果てた。久坂玄瑞、享年25。

最期、涙を見せる久坂玄瑞に入江九一が笑顔で櫛を取り出し、乱れた髪を整えたという。久坂玄瑞は既に覚悟を決めており、入江九一に長州藩の再起を託したが、最期の別れの直後、入江の目に槍が貫通し、彼もまたその場で切腹して果てた。

 

文との結婚生活は7年で終りを迎える

18歳のときに文と結婚し、共に暮らしたのは僅か3ヶ月。久坂玄瑞と杉文との間に子はおらず、妻は22歳にして未亡人となった。晩年、久坂玄瑞からの手紙を捨てきれずに置いておいた文はそれらを束ね「涙袖帖(るいしゅうちょう)」としてまとめた。

 

>> NHK大河ドラマ・花燃ゆ大特集ページへ <<

スポンサーリンク



Pocket
LINEで送る

Top