吉田松陰の生い立ちと生涯概略、その最後

Pocket
LINEで送る

 

 吉田松陰という人物と生い立ちと生涯 

吉田松陰の肖像画photo by wikipedia-吉田松陰 

吉田松陰というと松下村塾で数々の秀才を育て上げ、彼らの行く末に深く影響を及ぼした「教育者」というイメージがありますが、吉田松陰の生涯はたった30年足らずです。しかも松下村塾で教えを説いていた期間はわずか2年だけで、優れたカリスマ教育者というイメージとはかなりのギャップが有ります。個人的な見解ですが、実際の吉田松陰は失敗続きで歴史に名を残した偉人だと思っています。

 

スポンサーリンク

 

江脱藩してまでも東北遊学を断行し。長州士の籍を剥奪され、温情措置で許されたにも関わらず、今度は国禁を犯して密航を計画し、失敗。獄へ入れられた後に自宅の狭い部屋に幽閉させられるが、今度は幕府要人の暗殺を計画。再び獄へ入れられ、取り調べの場では自らその暗殺計画を暴露し処刑される。

学問や思想における才能は飛び抜けていたかもしれませんが、その秀でた才能を持て余し、大胆かつ危険な行動を続けざまに起こしました。優れた教育者というよりは、志に真っ直ぐすぎるが故に危なっかしく、危険を顧みない一方で手段や方法を厭わないという一面もありました。

 

吉田松陰の生涯年表

1830年

1歳(数え年)

杉百合之助の次男として萩の松本村に生まれる
1835年6歳叔父の吉田大助の養子となり、その直後に大助が死去。吉田家の家督を継ぐ
1840年11歳長州藩主・毛利敬親のもとで御前講義を行う
1850年21歳九州遊学・宮部鼎蔵と知り合う
1851年22歳東北へ向かい、脱藩
1853年24歳脱藩を許され、再び江戸へ。ペリーが浦賀に来航。
1854年25歳金子重輔と共に黒船に乗り込む。渡航の願いもむなしく拒否され、幕府に自首
1855年26歳投獄されていた野山獄から自宅幽閉に
1857年28歳松下村塾を継承。久坂玄瑞、高杉晋作などが入門
1858年29歳間部詮勝の暗殺を計画し、藩の処分で再び野山獄へ
1859年30歳幕府の取り調べで江戸へ送致される
  獄内で留魂録を書き記し、10月27日に処刑される

 

松陰が生まれた杉家の家柄

吉田松陰、幼名を寅之助という。杉百合之助と母滝のもとに次男として生まれ、6人兄妹の上から2番目の次男。13歳離れた文をかわいがり、兄梅太郎とも仲がよかったという。家禄はわずか26石。下級武士の家柄でありながら非常に貧しく、自給自足の農業で食物を確保するという、半士半農の生活環境の中で育つ。

松陰は幼き頃、父百合之助の弟である吉田大助のもとに養子に入るが、その大助は29歳という若さでまもなく死去。松陰は僅か6歳にして吉田家を継ぐことになった。その吉田家は代々、山鹿流兵学師範を務める家柄だったため、松陰も将来的にそういった職務に就くために勉学に励んだ。

 

吉田松陰の幼少期

明治41年に刊行された「日本及び日本人」という雑誌に掲載された、松陰の姉・千代の話によると、幼少期の吉田松陰は遊びという遊びをほとんど知らず、運動どころか散歩すらしなかったという。近所の子供がコマをまわしたりして遊んでいるなか、松陰は無類の読書好き。暇があれば書物を開き、そして兄の梅太郎とは周囲が羨むほど仲が良かったという。

 

6歳で家督を継いだとはいえ、まだまだ幼い年令の松陰。母・滝の弟で、松陰のもう一人の叔父にあたる玉木文之進が兵学の手ほどきをするようになった。玉木文之進の教育は体罰をもいとわない超スパルタ教育だったらしく、その教えは相当な厳しさであったとか…。

文之進による厳しい教えの甲斐あってメキメキと頭角を現した松陰。彼が11歳になった天保11年(1840年)には藩主毛利敬親の御前で兵学講義を行う。松陰少年による見事な兵学講義を毛利敬親は深く賞賛、萩城下では「松陰こそ神童」という評判が流れ、その才能と将来性を期待する声が多く聞かれた。

余談ではあるが、松下村塾という私塾はもともと叔父の玉木文之進が創始したもので、吉田松陰はそれを継承したに過ぎない。明治2年(1867年)、吉田松陰亡き後に閉鎖されていた松下村塾は兄梅太郎(後の民治)の手によって再興された。明治25年(1892年)まで存続。

九州・江戸遊学と脱藩事件、そしてペリー来航

19歳になった松陰は長州藩が管理する教育機関、明倫館で兵学を教え始める。その頃、アジアでは清国(今の中国)がイギリスにアヘン戦争で敗れたのをきっかけに、欧米各国の侵略がはじまっているという話を聞く。着々とアジア侵略を進める各国の情勢に危機を感じた松陰は、西洋軍学を学ぶため九州遊学を決意。九州から萩に戻ると、今度はすぐに江戸へ遊学に出、そこで蘭学者・佐久間象山に入門した。

友人の宮部鼎蔵(池田屋事件で落命)らと共に東北遊学に出るが、その時に脱藩。脱藩理由は通学手形が約束の期日までに発行されず、友人との約束を果たす為に掟を破り東北へ出たという。士籍剥奪という処分が下るが、温情措置的な意味合いもあったため、まもなくして再び江戸へ遊学。時は1953年、ペリー来航のときを松陰は江戸で迎える。

長崎にロシア艦隊が来ているという噂を耳にし、松陰は長崎へ向かう。ロシア艦隊に接触しそのままロシアへ密航する計画だったが、松陰が長崎に到着した三日前に既に出港していた。

 

黒船に乗り込み密航を企てるが、失敗

もともと吉田松陰はペリーを斬るという心づもりでいたようだが、宮部鼎蔵の進言に耳を傾け、そして情勢を冷静に判断した結果、戦うであろう敵を知るのが最良との結論を出す。1854年、ペリー率いる黒船艦隊に金子重輔と共に乗り込むが、相手側に拒否されあえなく密航計画は失敗。黒船に乗り込むときに荷物を乗せた小舟が流され行方不明となり、その荷物がいずれ発見されれば自分たちが捕まるのは時間の問題と考えた2人は、逃亡ではなく幕府への自首を選択。

 

国禁を犯すも死罪を免れ野山獄へ

密航という破天荒な行動に打って出た松陰への最終的な処分は長州野山獄への投獄。一命はとりとめ、再び獄内で書物を読みあさる日々が始まる。獄内では松陰による密航体験の話や様々な講義が行われ、例え獄内という閉鎖された空間であっても松陰の飽くなき探究心は途絶えることがなかった。

自宅蟄居で松下村塾を継ぐ

投獄の翌年、仮釈放という形で自宅での蟄居処分が下る。数年ぶりに戻った生家。そこの狭い部屋で幽閉することになったが、近親者に行った孟子の講義が評判を呼び、その講義を聴こうと人が続々と集まり始める。叔父の文之進が創始した松下村塾を正式に継承し、久坂玄瑞、高杉晋作、伊藤利助(後の伊藤博文)などが入門。松下村塾は最盛の時を迎えた。

 

日米修好通商条約締結と間部詮勝暗殺計画

吉田松陰は尊皇攘夷思想の持ち主ではあったが、子どもじみた理由で西洋を憎んでいた訳ではない。いずれ開国の時はやってくることを覚悟し、その時に備えて人材を諸外国へ派遣。軍備を整え、自分たちでアメリカに渡り自主的に開国交渉を行うという壮大な計画まで持っていた。

しかし時の幕府要人、井伊直弼は孝明天皇の攘夷勅許を無視し、日米修好通商条約を締結。時が熟しているとは言えない最悪のタイミングでの条約締結と、孝明天皇の意向を無視した暴挙に怒り狂った松陰はなんと徳川幕府老中首座に就いていた間部詮勝の暗殺を計画。

自宅蟄居とはいえ罪人の身であり藩士の資格も持っていない松陰が、長州藩に対して「間部詮勝を暗殺するための武器を用意して欲しい」というとてつもない要求まで行っていた。驚き、慌てふためいた藩政府は松陰が暴挙に出ることを恐れ再び野山獄へ投獄した。

松下村塾の門下生は吉田松陰の計画を時期尚早と見ており、今その暗殺計画を行っても情勢を買えることは困難だと考えていた。怒りが収まらない松陰に対し、「先生どうか落ち着いてください」という血判状まで送っている。それを見た松陰は久坂玄瑞や高杉晋作に対し、「行動を起こそうとしない君たちとは絶交する」と書き記した手紙を送っていた。

安政の大獄によって刑死

吉田松陰に幕府の取り調べの手が伸びたのは1859年のこと。幕府の外交政策に対して批判してた者を対象に、井伊直弼が弾圧を実行。世に言う安政の大獄である。

安政の大獄で儒学者だった梅田雲浜も捕縛され、取り調べを受ける。その梅田梅浜が萩の吉田松陰のもとに訪れていたことで松陰にも取り調べが行われたのだが、松陰はその取り調べの場で老中・間部詮勝の暗殺を計画していたことを自ら暴露した。そんなことは思いもよらず取り調べをしていた幕府側はまさに大仰天。数回に渡る取り調べの結果、その計画を問題視した幕府は吉田松陰を死罪処分とした。

安政6年(1859年)10月27日正午、江戸伝馬町にて吉田松陰、斬首にて刑死。享年30。

 

>> NHK大河ドラマ・花燃ゆ大特集ページへ <<

スポンサーリンク



Pocket
LINEで送る

Top