長州藩士・小田村伊之助(後の楫取素彦)の生涯概要

Pocket
LINEで送る

 

 長州藩士・小田村伊之助(後の楫取素彦)の生涯…大河ドラマ花燃ゆで脚光浴びる

楫取素彦photo by wikipedia-楫取素彦

小田村伊之助、楫取素彦という名前に聞き覚えがある人は全国的に少ないと思います。県知事を務めた群馬県や彼の故郷である山口県の方ならいざしらず、全国的な知名度はかなり低い方でしょう。

 

スポンサーリンク

 

しかし大河ドラマ、花燃ゆで大沢たかおさんが彼を演じ、またこのドラマ内でフォーカスされたことで一躍注目を浴びることになりました。実際、楫取素彦の生涯と功績を見てみると非常に興味深い事柄が多く、さすがに幕末の長州藩で政治の中心にいながら生き抜いてきた人であると言えます。

小田村伊之助(楫取素彦)を紹介するに当たり、真っ先に挙げたい事柄は吉田松陰の義理の兄であったこと、薩長同盟締結を画策していた坂本龍馬へ桂小五郎を紹介したこと、さらには2014年に世界遺産へ登録された富岡製糸場に深く関わったということでしょうか。幕末の世を生き抜いてきた小田村伊之助(楫取素彦)の生涯を注意深く覗いてみましょう。

 

生まれから吉田松陰との出会い

藩医・松島瑞蟠(ずいばん)の次男として1829年に生まれる。吉田松陰よりも1年年長である。医師の家に生まれたが、12歳のときに儒官という藩において儒学を教える学者の家柄だった小田村家に養子に入り、このときに名を小田村伊之助に改める。

藩の公的教育機関で入学にも身分や厳しい基準が設けられていた明倫館でも指折りの秀才であったという。後に江戸に赴き、学問に励むがその時に江戸遊学中だった生涯の友であり義理の弟になる吉田松陰と出会い、伊之助が江戸から萩に帰った時には松陰の妹、寿と結婚した。

 

小田村伊之助の兄弟

養子に入った小田村家ではなく、実の父がいる松島家には兄・剛蔵と弟の健作がいた。兄の剛蔵は久坂玄瑞や高杉晋作とともに尊王攘夷派の志士として活動し、勝海舟らとも交流。長州藩では軍備増強のため洋学所の建設に尽力した。しかし禁門の変以降、藩内は幕府恭順の姿勢を見せ、敗退勢力を一斉に排除、弾圧を加えることとなり、剛蔵も40歳で処刑されている。(この後高杉晋作が挙兵)

弟の健作はフラフラと全国を放浪するタイプだったようで、兄の伊之助とはそれほど仲が良かったわけではないという。金銭の工面など世話のやける弟だと書き記しているが、国事には関心が薄くそれほど多くの資料も残っていない。

 

松陰が小田村伊之助を松下村塾の後継者に指名

松陰がどれだけ小田村伊之助を慕ったかというと、吉田松陰が獄に入れられ松下村塾の将来について問われた彼はその後継者に小田村伊之助の名前を挙げているほど。学者という職務で温厚な人柄であったというが、松陰自身は自分の凶暴な一面を抑えられる人物が小田村伊之助だったとも言う。

後に吉田松陰の姉である寿と結婚、久米次郎と道明という2人の子をさずかっている。その子の1人、久米次郎は一時久坂玄瑞と文(寿と松陰の妹)夫婦のもとに養子に出したが、後に久坂玄瑞が京都の芸姑との間に男の子が生まれていたことが発覚。その子が正式に久坂家の当主となったため、久米次郎は小田村家に戻っている。

 

投獄と坂本龍馬との出会い、そして薩長同盟へ

意外に知られていない事実で、私も全く知らなかったのだが小田村伊之助は坂本龍馬に桂小五郎を紹介した過去を持っている。一時、幕府への忠誠を誓う保守派が長州藩内で台頭したとき、その反対勢力だった小田村伊之助は獄に入れられていた。しかし高杉晋作の挙兵によって藩政府の政治方針が一新されたことをきっかけに釈放された。

獄を出た後は太宰府に三条実美を訪ねたのだが、そこで当時薩長を結びつけることを画策していた土佐脱藩浪士・坂本龍馬と出会ったという訳だ。その後に長州藩で有力な立場にあった桂小五郎を紹介し、西郷隆盛との会合で薩長同盟が締結、そして明治維新へと時代は動いていく。

ちなみにこの明治維新直前の1867年に彼は「小田村伊之助」という名前から「楫取素彦(かとり・もとひこ)」という名に改めている。楫取という名字は、小田村家の先祖が毛利家に仕える水軍の楫取(かじとり)という船頭役であったため、そこから取ったという。以降彼は死ぬまで楫取素彦という名を用いた。

足利県参事、熊谷県(群馬県)知事を務める

楫取素彦2 photo by 幕末維新の志士から名県令、そして前橋の恩人「楫取素彦」 | 前橋まるごとガイド

明治維新後は長州藩主毛利敬親の側近を務めていたが、まもなく逝去。地方行政官の辞令が下り、今の神奈川県(当時・足利県)の知事となった。その2年後には当時の熊谷県で仕事を全うし、1876年に熊谷県は群馬県に改変された。以降10年間、1886年まで群馬県知事を務める。

もともとが医者の家の生まれで学者の出身であったこともあり、県知事時代には教育政策に力を発揮した。教育施設の充実を筆頭に、全国トップレベルの就学率まで引き上げるという成果も出した。さらに経済分野での功績も大きく、有名ドコロでは富岡製糸場の維持管理、経営難で閉鎖路線だった方針を意見書の提出によって方針の転換に成功し存続させた。富岡製糸場は2014年、世界遺産に登録されている。

 

妻・寿の死とその妹・文との再婚

群馬県知事時代、妻の寿を病で亡くしている。忙しい公務を抱えていた楫取素彦に代わり、妹の文(このとき、既に美和と改名)が姉の寿を看病していたが、間もなく病死。寿と文は姉妹であり、吉田松陰もその兄妹である。

しかし文の母親である滝がこの当時まだ存命であり、久坂玄瑞を早くに亡くして未亡人だった文の老後を心配し楫取素彦との再婚を強く望んでいたという。文は再婚に消極的であったが、この滝の後押しもあって楫取素彦との再婚が決まった。晩年の再婚であったため子は生まれていないが、亡き妻の寿と楫取素彦の子であった道明も2人の再婚を望んでいたという。

 

晩年は故郷山口で過ごし、長寿を全う

群馬県知事を1884年に辞職すると、元老院議官や貴族院議員などを歴任。晩年は互いの故郷であり山口県へ移り住み、現在の防府市に居を構えた。

しかし、夫婦2人の再婚を望み、台湾で教師の仕事をしていた道明が不遇の死を遂げる。台湾で日本の統治に反対する勢力が1895年に起こした暴動(芝山巌事件)に巻き込まれ殺害された。38歳という若さで息子がこの世を去ってしまい、文と楫取素彦にとって痛恨の出来事であっただろう。

楫取素彦は長寿を全うし、大正元年、1912年に84歳で死去。妻である文(美和)の死の10年前であった。

 

>> NHK大河ドラマ・花燃ゆ大特集ページへ <<

スポンサーリンク



Pocket
LINEで送る

Top