あなたは大丈夫?読書嫌いに共通する3つの原因理由と簡単克服対策

Pocket
LINEで送る

 

 

社会人にもなって本を一切読まない人がいます。本はおろか、新聞も読まない。とにかく活字が嫌いと豪語し、そのくせスマホで2ちゃんまとめを見てはニヤニヤ笑う。そんな人になっていませんか?大人の読書嫌いは人生の損失です。古今東西、様々な人の意見や考えに触れることは人生をより豊かにし、時に仕事の悩みを解決させ時に人生にとって重要な決断をする助けになってくれます。今回は大人の読書嫌いを克服するため、まずは読書が嫌い、本を読むのが嫌いだと感じる原因とその理由について迫ります。

この記事を読み終わる頃には、きっとあなたは本を読みたくなるはずです。そして、きっと読書嫌いがそれほど大きな問題ではなかったことに気付くはずです。読書嫌いを自覚し、しかもそれを克服したいという意識がある人はほんのささいなきっかけだけで一気に読書好きに変貌する可能性があります。

実際に私はここに書いてあることを実践してきた結果、大学入学頃から徐々に本を手に取るようになり、今では無類の読書好きになりました。本を読むスピードもどんどん早くなり、読解力はもちろん、様々な知識を得られるようになり、今では本無しの生活は考えられないぐらいです。カフェでコーヒーを飲みながら優雅に過ごす時間、川のほとりで水がながれる音と緑の中で楽しむ読書の時間は私にとってなによりのご褒美。あなたもきっとそんな優雅な時間を手に入れられます。

スポンサーリンク

 

読書嫌いには必ず原因と理由がある

本

読書嫌いには必ず原因と理由がある。その原因から読書が嫌いになる理由(結果)に発展していく。なぜ本を読むのが苦痛なのか、まずはその原因を把握しよう。ここをしっかり理解すると、後は対策を立てるだけだ。何も難しくはないので、下にある読書嫌いになる3つの原因を気軽に読み進めて欲しい。読書が嫌いになる原因は主に以下の3つだ。おおよそ、この3つに分類され、ほとんどの人は3つ全てに心あたりがあるはずだ。

原因その①:書いてあることに興味が無い

そもそも本の内容に興味が無い。読書嫌いの人が無理に本を読もうとすると、いきなり難易度の高い本を選んでしまったり、自分はあまり興味が無いのに他人に薦められたという理由で本を手にする。自分が興味関心を持てない本を読もうとすると苦痛に感じるのは当然のことだ。

原因その②:集中力が続かない

本を読み進めていても、すぐに飽きてしまう。数行、数ページ読むだけで一苦労。だから本を読んでいても全然進まず、内容は頭に入ってこず、最初の方に書いてあったことは記憶の遥か彼方へ行ってしまい、連続性のある読書ができない。

原因その③:読みたくないのに読もうとする

原因その①と似ているが、読まなければいけないという状態で読もうとしている。学校や職場の課題で読まなければいけない場合、ほとんどの場合その本に興味が無い。課題の場合は仕方ないが、本を読むのは「読みたい」から読むのであり、「読まないといけない」から読むのではない。この強制感のある読書ばかりしていると、大抵の場合本が嫌いになる。

 

読書嫌いの人が本を読むのが嫌になる3つの理由

さきほどの「読書嫌いになる3つ原因」の結果どうなるか、という部分にフォーカスしてみよう。本を読むのが嫌いな人は、先ほどの3つの原因の結果このような状態になり、以下の様な思いを抱く。

書いてあることが頭に入ってこないだよね

何度も同じ所を読んだり、本を開いても全然前に進まない。無理やり進めようとしても全く頭に残らない。もう嫌!という状態。

映像と音楽はわかりやすくて好きなのに!

文字だけの本を読むより、映像とか音楽の方がわかりやすいじゃん!と自分の感性を訴える。読書嫌いは文字と映像、あるいは音楽という別のもので感性を補っているので問題はないという主張。

本を読むとすぐに眠くなる

本を開くのは睡眠薬と同じになってしまう。興味が無い本や小難しい本を選んでしまった場合以外にも、読書嫌いが進むとこのような状態になり、ますます本から遠ざかってしまう。

 

読書嫌いの原因がわかったら、あとは単純な対策だけで十分

カフェで子^ひーを読みながら読書する男性

 

原因や理由が把握できたら、あとはどういう対策を立てて行動に移すかが重要だ。対策といっても難しいものではなく、先ほど述べた原因を簡単に潰していくだけだ。誰でもできるし、そもそも本が嫌いな人は読書のハードルを上げてしまっている。読書というもののハードルを下げて、以下に書いてある5つの対策を念頭に置いて、徐々に興味のあるものを手にとって読み進めていけば良い。では一つ一つみていこう。

対策その①:最初は漫画や雑誌でOK

漫画や雑誌は読書じゃないという人もいるが、私は立派な読書だと思う。漫画を読む人は読書好きの一種だと思うし、雑誌を読むのも読書好きの一種だ。自分の興味関心のあるもの、もっと知りたいと思うものをテーマにした雑誌や漫画を読むのでも十分だ。子供が漫画以外読まないと言う親御さんがいるが、漫画を読むことは読まないよりも大きなアドバンテージだと思う。いきなり難しい所に緒戦せずに、まずはそこから始めればいい。

自分の知りたいことを書いた本でOK

サッカーが好きならサッカーの本を、野球が好きなら野球の本を、ダイエットに関心があるならダイエットの本を。インテリアが好きなら、写真が沢山掲載されている本を手に取ろう。文字を読まずとも、写真w楽しむだけでもいい。自分が知りたい、気になる、懐かしさ、ワクワクすると思うことは本が補ってくれる。「自分の知りたいことが本にある」という感覚を大切にしよう。アニメのキャラクターの本でもいいし、懐かしの絵本を手に取るのもいい。まずはその感覚を身につけないと、読書はつまらない。好きこそものの上手なれ。

旅行ガイドブックとテレビ雑誌は初心者向け

テレビ番組を全く見ない人は少ないでしょう。ニュースや情報番組できになる話題があるはずだし、今度旅行に行くならそのガイドブックでもいい。テレビ関連の書籍や雑誌は堅苦しくなく、読みやすい。好きな芸能人が出ているものや、すきなアーティストが出ている本、自叙伝など意外と自分の好きなことがのっている本は多い。ドラマの撮影風景や出演者のインタビューもあるTVガイドや様々なスポットを紹介する旅行ガイドブックは読書嫌いの人でもすんなり読み進められるのでおすすめだ。

少し慣れてきたら、好きなドラマや映画の脚本を読んでみる

好きなテレビドラマや映画を見つけたらチャンスだ。その脚本になっている本やノベライズ本は既に映像で見たものなので、それを文字で読み返すと新しい発見や世界観を感じられる。最近では「阪急電車」という映画がヒットしたが、あれは映像でも書籍でも楽しみがあって印象に残っている。

他にも大河ドラマや朝ドラなどの時代物にはまった場合はその主人公や時代背景を知るだけでもすごく面白い。ちなみに私は以前、香取慎吾さんが出演していた大河ドラマの「新選組!」をきっかけに大の歴史好きに変貌した。どんどん本を読み進め、興味関心お幅がグイグイ広がっていったのを記憶している。

映画にしても出演者の思いや演技に対する考えなどが載っているものだと、もう一度映画を見てみようと思うし、ひとつの作品を色んな角度から楽しめる。自分の好きな映画やテレビドラマが出来た場合は、その作品をとことん楽しむために原作を読んでみよう。読書嫌いが嘘のように、スイスイ読み進められる。

あとは自分の興味関心に任せて本を読めばいい

本を読むことに慣れてしまえばもう本は嫌いじゃなくなる。あとは自分の興味関心に任せて本屋をぐるぐるまわってみよう。自己啓発関連の書籍はやる気を出させてくれるし、次第にビジネス本や新書も読みたくなる。読書嫌いを克服するには、本を読むことの楽しさをどうやってつかむかが重要であって、どうすれば本を読めるかを考えるのは時間の無駄だ。

 

まとめ

本を読むのは決して苦痛じゃない。好きなことを好きなだけ楽しむためにあるのだ。さぁ本屋へ行こう!面倒くさいならamazonを覗いてみよう!


スポンサーリンク



Pocket
LINEで送る

Top