大河ドラマ花燃ゆ・第3話「ついてない男」のあらすじネタバレ

Pocket
LINEで送る

 

 大河ドラマ花燃ゆ、第3話「ついてない男」のあらすじです。第2話「波乱の恋文」の続き、放送日は1月18日。

脱藩という重罪を犯してしまったものの、その素質を見抜いていた藩政府の温情もあって再び江戸での遊学を認められた寅次郎。ペリー来航以来、長州にもその噂が広まり迫りくる異国の脅威に日本は混乱し始めていた。

 

スポンサーリンク

 

花燃ゆ・第3話「ついてない男」のあらすじネタバレ

第3話の重要トピックは以下の3点。

  • 暴走し始める寅次郎とそれを抑えようとする周囲
  • 迫りくる異国の脅威
  • 文と久坂玄瑞の出会い

第3話の大筋のあらすじは、ペリー来航以来混乱を見せる日本国の中で、その脅威を感じ自らがとるべき行動を粛々と行ってく寅次郎と、その行動がもたらす危険性を心配する周囲の人間たち。そして主人公の文と久坂玄瑞の出会いです。

 

松陰への温情処分と匿名の建白書

東北遊学を目的に脱藩を犯した寅次郎であったが、藩政府は事実上の温情処分とした。寅次郎は兵学師範などの藩の肩書はすべて失ってしまったものの、父である百合之助の保護監視下に置かれた。

再教育を施すという目的であったが、実際は保護管理の責任がある父百合之助に江戸遊学の願を出させ、それを受理する形で、再び寅次郎は江戸で学問をはげみ続けることになった。

そしてペリー来航からしばらく、長州藩主(つまりお殿様)へ直接意見を申し上げる匿名の建白書が提出される。

 

迫りくる異国の恐怖

鎖国を続けてきた島国の日本にとって、ペリー率いるアメリカの巨大な艦隊は衝撃そのものだった。文のいる長州でもその噂は瞬く間に広がり、今の山口県と福岡県の間にある馬関海峡にも異国船が攻めてくるのではないかと城下ではもっぱらの噂であった。

日本中で異国の脅威と日本国の未来を案じる志士が続出したが、寅次郎ももちろんその一人。「もしかすると、あの建白書は…」と萩にいる寅次郎の家族友人たちは心配は見事に的中する。

 

まっすぐすぎるが故に危なっかしい寅次郎

寅次郎の兄、梅太郎や小田村伊之助はその建白書がもし寅次郎のものであったなら、どういう処分が下るのかをよく理解していた。なんせ脱藩事件の処分が下ってすぐのことである。事実上、長州藩士の肩書がなくなった人間がお殿様に政治のことを直接意見するというのは、無礼にもほどがある。

最悪の場合、死罪。しかもよくよく話を聞けば、寅次郎のもので間違いなく、しかも最初は匿名でなく自身の名前入りで提出しようとしていた。それを知った周布政之助という人物が事情を勘案し、匿名に差し替えたという衝撃の事実が判明する。寅次郎はまっすぐすぎる。危なっかしすぎる。

ことの重大さといきさつを理解しきれず、置いてけぼりをくらう文のもとに、ひょっこり長崎帰りの寅次郎が姿を見せる。

「事の重大さに誰も気づかん。誰も動かん。だから自分でやるのみじゃ。」

兄梅太郎(原田泰造)と寅次郎

江戸にもどるとき、もう心配はかけないと兄の梅太郎と伊之助と約束した寅次郎であったが、江戸で2人は顔を合わせる。その部屋の状況を察した兄の梅太郎は激怒。

なんせ、寅次郎は黒船に乗り込み、ペリーを斬り殺そうとしているのだ。自分のすべきこと云々も大事だが、その影響を考えてくれ、やりたいことに突っ走るだけでは子供と同じではないか、となんとか兄梅太郎は弟の寅次郎を抑えようと説得する。兄は涙を流して説得し、弟も涙を流して聞いていた。

 

久坂玄瑞と文の出会い

長州にも異国が攻めてくる。異国船がやってくる。そんな噂が耳を離れず、兄寅次郎のやろうとしていることを上手に理解できない文。海には近づくなと厳しく言われていた文だったが、深夜に一人家を出る。

同じく、異国船を見ようと歩く一人の少年がいた。その少年は医師の息子で、肉親をすべて失い孤独な少年だった。その少年と文は出会い、深夜海を目指して大冒険をすることになる。その少年は兄に似ている。兄と同じことを言う。そんな不思議な共通点に魅力を感じ、腕を引っ張っていく文。

その少年こそ、文の最初の夫となる久坂玄瑞、その人である。

 

突然の知らせ

自宅に帰った文のもとに、父百合之助が自宅に駆け込んできた。

「寅次郎が国禁を破り、ペリーの黒船に乗り込んだ」

 

>>第4話「兄の大失敗」へ続く

 

>> NHK大河ドラマ・花燃ゆ大特集ページへ <<

スポンサーリンク



Pocket
LINEで送る

Top