「本当は怖い糖質制限」は史上稀に見るほどのクソ本だった

Pocket
LINEで送る

 

 

大特集の目次ページはこちら

 

糖質制限に関していろいろな書籍を読んできましたが、「本当は怖い糖質制限」は酷かった。本当に酷かった。こんな本を書いて読者からお金を巻き上げているのは、医師としてどうなのよ?と本気で思います。

糖質制限を批判するのは糖尿病専門医ばかりなのか?に書いた通り、糖質制限への批判の中心は糖尿病学会です。そしてこの著者もその関係者。

開いた口が塞がらないとはまさにこのことで、書いてある内容のレベルが低すぎて笑えてくるほどです。また、文章の書き方、主張の論理展開も幼稚で、専門知識のない人にわかりやすく説明する姿勢も皆無です。この本を買おうか迷っている人がいるとしたら、辞めておきましょう。私のように時間と金を無駄にするだけです。

 

スポンサーリンク

 

「本当に怖い糖質制限」はNaverまとめレベルのクソ本

怒りの鉄拳

糖質制限は危険です。この主張をするために都合のいい実験結果を並び立てているだけの本です。もう、海外の色んな実験結果を引用していますが、突っ込みどころ満載です。自分は一切実験を行わず、糖質制限もやっていません。

ちなみに私は実際に糖質制限を4ヶ月経験し、その危険性も効果も体感しています。極端な方法や安易な糖質制限は反対、でも特定の問題を解決するための一時的な手段としての糖質制限は有用であるという認識でいます。誰にとっても糖質制限は素晴らしい!というのではなく、限定的な条件に合致する人のみ有用性がある手段というスタンスです。

つまり、糖質制限絶対賛成派でも、絶対反対派でもありません。私は糖質制限を否定する人の気持ちもわかるし、賛成する人の意見もわかる、いわば中立的な立場です。そんな私でもこの本は呆れ返るほど低レベルです。

ネット上にある情報をまとめただけのNAVERまとめとほとんど同レベル、いやまとめ記事の方がわかりやすく有益かもしれません。そんなレベルの本です。

 

著者の主張は矛盾だらけで根拠が薄すぎる

著者の主張によると、糖質制限を長期間を行うと死亡リスクを高めるとあります。また、糖質制限の危険性を訴える理由には以下の根拠を挙げています。

  • 糖質制限は様々な病気リスクを高める
  • 長期的な糖質制限のダイエット効果は他のダイエット手法を変わらない
  • 糖質制限を行うための明確なガイドラインがない
  • 糖質制限の明確な有用性を示す科学的な根拠(=エビデンス)がない

ここで注目すべきは、糖質制限のガイドラインがないというポイント。ガイドラインがないというのは、糖質制限を行うために定義された正しい方法がないと言い換えられ、結局のところ糖質制限の有用性を訴える実験は手法がバラバラであるということ。そしてそんな方法で行った実験結果も有用性を主張するには科学的根拠が無いとしています。

本文中、著者はとにかく科学的根拠(=エビデンス)を重視しています。科学で証明されていないものは一切信じないというタイプでしょう。でも、その科学的根拠の有無は自分の主張を全否定してしまっています。

糖質制限のガイドラインがなく手法がバラバラであることは、有用性の根拠にならないのはわかります。しかし、危険性の根拠にもなりません。つまり、手法がバラバラなのであれば実験結果がなんの根拠も示さない、いわば無意味なものです。著者は壮大なブーメランを受けているのですがその点については一切説明がありません。

全体を通して見受けられるのは、糖質制限の危険性とリスクを示す実験結果は安易に信じこみ、有用性については問答無用で全否定です。こんなのが科学的根拠を訴える人間のやることでしょうか?公平性に欠く主張のオンパレードで、もはや笑えるレベルです。

 

糖質制限が病気を作る

病気の老人

私が一番笑ったのは糖質制限をすると骨粗鬆症になるという主張。この主張そのものは否定しませんし、高齢者の方が実際極端すぎる方法で糖質制限を行うとそのリスクが高まると思います。私が笑ったのは、著者が示した骨粗鬆症を引き起こす根拠です。本文から引用しましょう。

糖質制限食では相対的にタンパク質の摂取量が増加します。しかし、1日のタンパク質摂取量が5g以上になると、タンパク質にカルシウムが結合し、腎臓からのカルシウム排泄量が増加します。また、タンパク質の摂取量が増えると、硫酸とリン酸が増えるので、尿の酸化が進み、尿のカルシウム排泄量が増加し、骨からのカルシウムの放出がうながされるのです。

(中略)最近、若い女性の骨粗鬆症が問題になり始めています。若い女性はもちろん、更年期前後の女性にも、糖質制限食ダイエットはおすすめできないということです。

本当は怖い「糖質制限」 第3章・糖質制限が病気を作る P129より引用

タンパク質5gを超えると骨粗鬆症のリスクが高まるよ、と言っています。何の知識もなければ納得しそうな内容ですが、問題はタンパク質5gというところ。卵一個でタンパク質6gです。日本国民全員が骨粗鬆症の危険性があるんでしょうか?タンパク質5g以下にしたら、それこそ栄養失調で死んでいまいます。

 

糖質制限を行うとタンパク質の摂取量が確かに増えます。でも、あまりにも根拠が幼稚すぎやしませんか?著者が後に薦めている地中海ダイエットにも、ナッツ中心の食事が登場していますが、ナッツだってタンパク質です。もうメチャクチャです。

植物性は問題ない、動物性が問題なのだ!というのも考えられますが、その点と骨粗鬆症の関係性は不明です。完全スルー。もう、この人は糖質制限が嫌いで嫌いで仕方ないのです。

 

糖質制限に憎しの糖尿病学会

炭水化物が人類を滅ぼすという本で暴露されましたが、糖質制限のネガティブキャンペーンを行っているのはほぼ全員糖尿病学会の関係者です。糖尿病学会が糖質制限を嫌う理由は簡単で、糖質制限が流行すると自分たちが儲からなくなるからです。

糖尿病学会の薦める食事や使用する投薬、そして治療法は、糖質制限を行うことで不必要な物になりました。つまり糖尿病になることを防ぎ、投薬治療の必要性もなく、医師も必要としないのです。そうなると糖尿病学会関係者は自分たちの存在意義がなくなり、つまりは儲からないのです。

この本の著者も糖尿病治療の関係者で、多数の著書を発売している、いわば影響力のある御方です。本の中では「命中心主義」を掲げ医師としての美しい志をこれでもか!と誇示していますが、結局のところは保身に過ぎません。糖質制限が流行るとこの人が困るから、この本を書いているだけなのです。

 

結論ありきで書かれた内容にすぎない

黒板に書かれたTestの文字

科学的な根拠と主張というのは、公平性のある手法で対比・比較し、再現性のあることが確認される根拠があって、はじめて成立するものです。つまり、根拠→結果という順番ですが、この本は糖質制限は危険という結論が最初から決まっています。その結論に結びつく実験結果を並べているだけなのです。

本を読んでいると、「いやいや、それ糖質制限関係なくね?w」と思う箇所がたくさんあります。糖質制限が原因じゃないのに糖質制限のせいになっている箇所が本当に多いのです。

 

こんな医師が幅を利かせている糖尿病学会…

 

こんな高校生レベルの作文を書く医師が中心にいる糖尿病学会を考えると、暗澹たる気持ちになります。こんなにボロクソに書いていますが、Amazonのレビューを覗くとこっちもヒドイ書かれ方でした。健康や医学のジャンルの本でこんなに酷い内容の本は記憶にありません。

もっと有益な意見が聞けるかと思っていたのでガッカリでした。この本でお金を稼いでいることうぃ恥じ入るべきです。こんなにボロクソに書かれる本の内容が逆に気になる方は読んでみるといいです。それ以外の人は手に取る必要はないでしょう。

大特集の目次ページはこちら

スポンサーリンク



Pocket
LINEで送る

Top