wowowドラマ・池井戸潤原作・株価暴落のあらすじネタバレ

Pocket
LINEで送る

 

WOWOWで10月から放送が開始される、池井戸潤さん原作のドラマ「株価暴落」。半沢直樹の大ヒットで時の人となった人気作家の池井戸潤さんが書き下ろした、またも銀行を舞台にした作品です。

書籍のPR文には「金融エンタテイメント」とありますが、読了後はちょっと印象が違いました。ミステリーでもありませんし、金融を舞台にした企業ドラマと括るのもちょっと違う。企業ドラマと刑事もの、サスペンスやミステリー要素も加えたエンタメ性あふれる作品だと思います。

 

スポンサーリンク

 

池井戸潤原作・株価暴落のあらすじネタバレ

経営破たんが懸念される一風堂の資金融資と支援を行っている白水銀行。株価暴落はその一風堂で起きた爆破予告事件をめぐるお話です。まず簡単に大筋のあらすじをご紹介しましょう。

 

大手スーパー一風堂の経営再建と爆破事件をめぐる金融犯罪

一風堂で起きた爆破予告事件。犯人の犯行声明には一風堂への恨みと制裁を匂わせる文章が書かれており、過去に一風堂により苦汁を飲まされた人物による犯行が疑われた。それに伴い、警察だけでなく銀行内でも調査が開始され、ある一人の人物にたどり着く。

過去に一風堂の出店に反対運動を巻き起こすも後に倒産、経営者が自殺しその嫁も間もなく病死した。一風堂への恨みを公言していた一人息子、犬鳴黄。彼の犯行を疑う警察と、事情を調べ上げた坂東(織田裕二)は事の真相に迫ろうとする。

銀行内では会長に退くも実質的な経営のかじを取るカリスマ・風間とそれを支援しようとする二戸(高嶋政伸)率いる、一風堂支援派と経営再建の目途が立たないと考える坂東中心の支援融資打ち切り派の熾烈な争いが続く。

一風堂内でも経営陣を解任しようとするクーデターを起こそうとするもの、犬鳴黄の逃走劇とそれをおびき寄せようと躍起になる警察、そしてその周囲にいる人々が裏で繋がる不可解な人間関係…。それら各々の背景が徐々に明るみに出ていく。

 

株価暴落のあらすじで重要になるメイントピック

あらすじやストーリーの進行に伴い、その時その時のメイントピックは移り変わっていきますが、その中心となるのは主に以下の6つでしょうか。

 

  1. 白水銀行による一風堂への経営再建をめぐる銀行内の対立
  2. 一風堂と安岡商店と白水銀行の過去の関係
  3. 一風堂で度々起きた爆破予告事件の犯人捜しと容疑者・犬鳴黄の逃走劇
  4. 一風堂内部の経営陣による闘争
  5. 滝田刑事と犬鳴黄と山崎信夫の関係
  6. 爆破事件の真犯人の動機とその周囲に紛れる金融犯罪

 

この中でも1.と3.はあらすじの大部分にかかわってくる超重要部分。そして最後に爆破予告事件の犯人が逮捕され、それに伴い芋づる式に周囲にいる人物たちの関わりと金融犯罪が明るみに出ていくことになります。

 

池井戸潤さんの作品にたびたび登場する白水銀行

半沢直樹の大ヒット以降、池井戸潤さんの原作が続々とドラマ化されていますが、よく耳にするのが白水銀行。半沢直樹の時は舞台は「東京中央銀行」でしたが、一応「白水銀行」も少し登場していました。

ちなみに、半沢直樹の友人で白水銀行に勤める友人役には体育会系のイメージからお笑い芸人、TKOの木下隆行さんが登場。ルーズベルトゲームでも同じく白水銀行が登場し、今回の株価暴落では主人公の坂東が勤務するメイン舞台としての登場です。

 

株価暴落の結末部分でどんでん返しが続く(ネタバレ注意)

この株価暴落のような企業ドラマ、サスペンスものはあらすじの展開が非常に早く、しかもそのときのメイントピックも頻繁に変わります。展開がどんどん変わっていきますが、結末部分、つまり最後は結局どうなるのか?メインとなる結末部分はだいたいこのような決着になります。

 

  • 一風堂への経営詩編は頭取決済により見送りとなった
  • 爆破予告事件の犯人は犬鳴黄ではなく滝田刑事であった
  • 犯行動機は一風堂への私怨ではなく株の信用取引で巨額の利益を得るための目的だった
  • 一風堂への私怨で犯罪に関与したのは犬鳴黄ではなく一風堂広報部長・財前智春
  • 一風堂の会長と二戸の間に金が流れていた

 

なぜそうなったのか?なぜ犬鳴黄はあれほど逃げていたのか?企業内部の人間、つまり財前がなぜ犯罪に関与したのか?謎は深まるばかりですが、私が書けるのはここまで。その謎を知りたい人はドラマを見るか、原作の株価暴落 (文春文庫)を読みましょう。(さすがにすべて書くのは著作権の問題、管理人の方針などもあるので…)

 

基本は半沢直樹と同じ

原作を読んでいて思いましたが、株価暴落の根幹は半沢直樹と一緒です。悪に染まる敵に立ち向かう主人公、正義のために戦い、悪いやつらをやっつける。主人公には度重なる苦難が襲うが、そのたびに切り抜け最後に勝つ。その舞台が銀行であって、そしてサスペンス要素も加えている、というだけ。

もちろん、こういう単純な根幹部分に難しい知識や言葉、設定が入り込んできてテイストは変わっていってより面白い作品に仕上がっています。ある種単純なストーリーなので見ていて爽快感があり、悪を倒すという誰にでも共感できるテーマなのがヒットの理由かもしれません。

 

織田裕二さんの主演はちょっと予想外

最後に余談ですが、原作を読んでいて坂東のイメージと織田裕二さんのイメージが個人的にはなかなか結びつきませんでした。ドラマ化される小説を読んでいると、出演者が芝居をする様子が頭の中で映像化されるのですが、今回はなかなか上手くいきませんでした。

ドラマを見て、いい意味で自分の作品イメージとドラマのイメージが結びついたり、あるいはどんなテイストのドラマになるのか、どんな風に映像化されるのかをみるのも楽しみですね。

>>織田裕二主演!株価暴落の撮影ロケ地情報:スーパーは山梨で


スポンサーリンク



Pocket
LINEで送る

Top