マタハラは当たり前で仕方ない、甘えの声…最高裁判決への反論も

Pocket
LINEで送る

 

母の手を握る赤ちゃん

10月23日、最高裁で争われたマタハラ訴訟は「女性が妊娠を理由に負担の軽い業務への異動を求めたことをきっかけにする降格は原則違法」との判断を示し、一審二審の判決を破棄し、広島地裁に差し戻しを命じました。

マタニティ・ハラスメントは女性の社会進出に伴い被害方向が増える一方、会社側にも同情の余地があるケースも散見されています。非常にデリケートな事柄故に議論や判断が難しくなっています。マタハラそのものは根絶すべきでしょうが、実態を正確に把握するには反論側の意見も参考になります。

 

スポンサーリンク

 

マタハラ訴訟の概要

日本経済新聞の記事によると、マタハラ裁判の概要は次のようになっていました。

 妊娠・出産を理由にした女性従業員への不当な対応や言動は「マタニティーハラスメント」として問題となっており、均等法は妊娠などによる不利益処分を禁じている。

 一、二審判決によると、女性は2004年に管理職の「副主任」に昇格。妊娠した08年に業務が軽い部署への異動を希望したところ、異動後に管理職を外された。管理職手当の賠償などを求め、10年に病院を提訴した。

マタハラ訴訟で最高裁弁論 妊娠理由に違法な降格 10月23日判決より引用

つまり被害女性は妊娠を機に管理職から降格となったこと、給与面でも減額が行われたこと、逆に言えば、「管理職からの降格理由=妊娠」であることを不服とし、裁判を起こしました。

 

マタハラとは?(=マタニティ・ハラスメント)

テレビやネットでの各種媒体で取り扱われるニュースで盛んに報じられているように、マタニティとはマタニティ・ハラスメントの略で「妊娠を理由に企業から不当な扱い、言動、処分などの精神的・肉体的な嫌がらせを受けること」を指します。

安倍内閣の女性閣僚の抜擢にあるように、日本でも女性の社会進出の重要性が盛んに叫ばれておりもはや国家的な取り組みとして政治主導の改革が行われている最中です。そういう背景があるため、このようなマタハラに悩む女性が増えている中、最高裁の判決がどのようなものになるのか社会的な注目度が高まっているという訳です。

 

世間の注目が集まった最高裁の判決は「原則違法」

最高裁まで争われたマタハラ訴訟は広島地裁に差し戻しとなり、原則妊娠をきっかけにした降格は違法との判決でした。女性側が降格の承諾を自由意志によるものではなかったことに加え、降格の理由が明らかではないことが理由だそうです。

 

反論意見も多数

非常に極端な意見ではあるものの、逆マタハラといって「妊娠しているんだから周囲が私に気を使うのが当たり前」といった傲慢な態度で周囲を困惑させるケースが有るとの意見もあります。極端ですが、「妊娠しているんだから負担が軽い仕事にするのは当たり前、周囲も私に気を使うべきだし、急なつわりで遅刻したり仕事を休むこともあるから。でも給料は下げないでね」と言われると、会社側もどう扱うべきか悩むのが普通です。

また、出産後に職場復帰をしていても幼い子供が急に熱を出し、その都度仕事を抜けなければいけないなど、職務の遂行が明らかに困難である以上、降格はある意味妥当ではないか、との声もあります。

 

マタハラはもちろん論外だが、同情の余地もある

もちろん、あまりにも度を越したマタハラは社会的に認められるものではありません。マタハラ関連のニュースや記事を読みあさっていると、妊娠が発覚し上司に報告をしても職場の激務から逃れられず数回の流産を経験、今後も妊娠をすれば職場復帰は諦めるようにとの卑劣な通達が行われたケースや今回の裁判のような不当な降格、人事的な処分が行われたケース、許しがたいマタハラの事例が多く見当たります。

関連記事:セクハラより多い“マタハラ” 職場の妊婦への無理解が流産招き少子化解消を阻む

 

これはマタハラ?私の周りにもこんなケースが…

私の知り合いが勤務する会社ではこのような微妙なケースも有りました。全国に店舗を出す、とある有名チェーン店に勤務する女性は全国転勤が前提の総合職として勤務。同じ会社の男性と結婚し、妊娠。夫である男性もその地域の店舗で働いており、妊娠がわかってからは育児休暇を取る予定でした。

しかし、育児休暇に入る前に、その女性は全く別の地域へ(東京から大阪ぐらいの移動レベル)転勤が人事異動として発令されてしまい、仕方なく退職となりました。会社側からの「もうやめて欲しい」という意思表示に近いのですが、タイミングはどうあれ、その女性は当時全国転勤が前提の総合職だったというのが難しいポイントです。ただ、このようなケースも今思うと一種のマタハラと捉えられなくもない…かな?

妊娠が理由ではない、全国転勤ありの総合職である以上転勤は不当ではないという言い訳があるので、このケースで裁判を起こしてもおそらく劣勢でしょう。ただ、自分がその立場であれば「他にやり方がなかったのかな、なんかすっきりしないな」ってのが本音でしょうか…。

 

赤ちゃんと母親

女性の社会の影の部分:会社側が困惑してしまう妊娠

こちらも私の知り合いから聞いた話。新入社員として大企業に入社したとある女性。数ヶ月の研修の後、1年目秋からの本配属の予定でしたが研修中になんと妊娠が発覚し、研修後の本配属の部署に一度も顔を見せること無く産休・育児休暇に入ってしまったケース。1年目で会社を離れてしまうのは本人にとっても会社にとっても大きな痛手となってしまいました。

また、別のケースでは1年目の現場研修(OJT=オン・ザ・ジョブ・トレーニング)を経て2年目からやっと担当の仕事が出来た頃に妊娠、そして自主退職。このケースは自主退職であったためにマタハラと無関係ですが、実際にこの様なことがあり会社側も困惑を通り越し、決して安くない予算を割いてせっかく採用した人事部、そして指導にあたった現場からの怒りを買ったと聞いたことがあります。

また、別のケースでは中途採用で入社したものの入社から三ヶ月後に妊娠を理由に自主退職した話もありました。極端ではあるものの、このようなケースでは会社側にも同情の余地があります。私の周囲だけでもこれだけあるのですから、きっと世間的にもこのようなケースは案外多いのではないかと思います。

 

会社側だけが迷惑を被ることになる?

妊娠という理由が水戸黄門の「印籠」のように、誰もが屈服せざるを得ないものとして扱われてしまうと、会社側だけが迷惑を被るばかりになってしまうことも考えられます。育児休暇や会社併設の託児所、いつでも入れる保育所など充実した制度を持っている大手企業では復帰後も見据えての判断ができます。

しかし、日本の多くは中小企業である以上、特別に充実した制度を持つ大手企業だけを事例に考えるのはやはり無理があります。待機児童問題、保育所問題などマタハラ以外の問題も絡み合っているので余計に難しくなっています。

 

女性の社会進出は一筋縄ではいかないのが現状

理想論を無責任に掲げることは誰にでもできますが、国家レベルで現実に落としこむのは容易ではありません。おそらく、女性の社会進出は今後ますます重要性を増していくでしょうが、それに伴い光と陰も浮き彫りになってくるでしょう。

少子化が叫ばれたり、新たな生命の誕生と人生の大きな転換点であり極めてプライベートで、赤の他人が軽く論じられないデリケートな話題であるため、込み入った議論がしにくいのは確かです。マタハラは論外ですが、こういうデリケートなことである以上、会社側も扱い方に苦慮するのではないかと思います。

「マタハラ最低!マタハラ反対!女性の平等な社会進出を!!」と声高々に主張するのは簡単です。しかし、こういう一種の”陰の部分”があるということを知っておくのも大事かと思います。

うーん、色んな意味で簡単にはいきませんね、女性の社会進出。


スポンサーリンク



Pocket
LINEで送る

Top