会社員よ聞け!眠気覚ましの缶コーヒーは逆効果だ

Pocket
LINEで送る

 

大特集の目次ページはこちら

 

仕事中、どうしても集中力が落ちてきたり、眠気に襲われることがあると思います。そんなとき、「とりあえず」と軽い気持ちで缶コーヒーを飲んではいないでしょうか。確かに缶コーヒーを飲むとすっきりした気分になりますが、長続きしていますか?あれ、はっきり言って逆効果なんです。

 

スポンサーリンク

 

確かに缶コーヒーに含まれるカフェインには覚醒作用がある

コーヒー

なぜ多くの人が眠気やだるさを感じた時に缶コーヒーに手を伸ばすのかというと、カフェインの覚醒効果を期待してのことです。確かに、カフェインには眠気を撃退したり、集中力をアップさせる、あるいは体の怠さ、倦怠感をなくす覚醒作用があります。だから仕事中に集中力が落ちてきた時に缶コーヒーを飲むのは一見理にかなっているように見えます。なのに、なぜ逆効果なのでしょう?

 

缶コーヒーに含まれる砂糖の量は半端じゃない

一度は耳にしたことがあるかもしれません。市販の缶コーヒーには半端じゃない量の砂糖が入っています。覚醒作用の邪魔をするのも、この大量の砂糖です。砂糖は体に吸収されやすい糖質の一つ。人間はこのような糖質を摂取すると、血糖値が急激に上昇します。するとその急激な血糖値の上昇を食い止め、また下げさせるために膵臓からインスリンというホルモンが分泌されます。血糖値が下がり低血糖の状態になると、脳のエネルギーになるブドウ糖が供給されなくなり、その結果強烈な眠気やだるさ、集中力の低下を招くのです。

 

眠気を撃退したい為に缶コーヒーを飲むと、余計に強い眠気に襲われる

缶コーヒーが逆効果だというのはまさにこのことを言います。眠気、だるさ、集中力の低下を防ぐために缶コーヒーを飲んだのに、一時的な効果だけでその後はさらなる症状の悪化をまねきます。すると、カフェインの量が足りないと勘違いし、もう一本、もう一本とどんどん缶コーヒーを飲んではどんどん仕事の効率を下げる、という笑えない状態になるのです。これを毎日続けていくと慢性的な低血糖の状態になり、抑うつ状態や気分の落ち込み、感情の起伏が激しくなるといった仕事のできない人に成り下がってしまいます。

仕事中に眠気を感じた場合は、ブラックコーヒーを飲むか、砂糖が入っていないコーヒーを自分で作って飲むのがベストです。仕事中の眠気覚ましにコーヒーは逆効果!これを忘れないで下さい。

 

大特集の目次ページはこちら

スポンサーリンク



Pocket
LINEで送る

Top