今すぐ確認せよ!本当は怖いチョコレート依存症の原因と症状

Pocket
LINEで送る

 

大特集の目次ページはこちら

 

チョコレート

チョコレート依存症という言葉を聞いたことがあるでしょうか。チョコレート依存症とは、その名の通りチョコレートが手放せずチョコに依存してしまう病気です。様々な症状を引き起こすとても厄介な依存症ですが、主に見られる症状は以下のとおりです。心当りがないか、チェックしてみてください。

 

スポンサーリンク

  • ☑ 不安、イライラ、怒り、抑うつといった情緒不安定な症状
  • ☑ 強烈な眠気、倦怠感
  • ☑ チョコレートを食べるとほっとする
  • ☑ イライラや不安→チョコを食べる→収まる→余計にイライラ→不安、眠気→それを抑える為にチョコを食べる

 

チョコレート依存症の原因その1:過剰な糖質摂取による低血糖症

低血糖症のグラフ

※クリックで拡大  photo by http://atanaha-clinic.jp/blog/?p=2504

チョコレートに多く含まれる砂糖を筆頭とした糖質。この糖質を摂取すると、体内で血糖値が急上昇します。するとその血糖値を下げなければ!と察知した膵臓はインスリンというホルモンを出します。

その結果血糖値はさがりますが、今度は血糖値が急激に下がりすぎた状態を緊急事態と判断した脳みそがアドレナリンやノルアドレナリンを分泌します。

つまり、チョコレート一つであなたの血糖値が急激な乱高下を繰り返し、最後には低血糖症状態へと導き、あなたの体内器官を無意味に振り回してしまっているのです。

 

よくあるチョコレートを食べた後の低血糖症の症状

チョコレートを食べてから1時間~2時間程度経過した辺りで血糖値が下がり、イライラや興奮、怒りといった攻撃的な感情が出てきます。その後は冷や汗や震え、不安、悲しみなどの悲観的な感情が出始め、最後に眠気を誘発します。これが典型的な低血糖症です。

チョコレート依存の場合は眠気やイライラを抑えるるためにチョコレートを口にし、余計に状態を悪化させます。感情を安定させたり、眠気を撃退するはずなのに、実はチョコを食べれば食べるほどイライラが増大し、不安は強くなります。

チョコを食べ続けることでどんどん事態を深刻化させてしまうのです。

 

脂肪を貯めこんでしまうインスリン

さらに厄介なのは、血糖値の上昇を抑えるインスリンの過剰摂取は肥満の原因になること

インスリンは糖質と結びつくと脂肪を溜め込む働きがあるため、内臓脂肪や中性脂肪をどんどん高めていきます。その脂肪が蓄積され続けるとメタボや肥満の原因になるのです。

 

悲しみと孤独

チョコレート依存症の原因その②:慢性的なセロトニン不足

チョコレート依存症の人だけでなく、人間がチョコレートを食べると幸せな気分になるの学説的根拠があります。チョコを食べると体の中で”セロトニン”というホルモンが分泌されます。

このセロトニンは別名「幸せホルモン」と呼ばれるもので、人間が充実感や幸せを感じる際に体内で分泌されるホルモンです。チョコを食べるとこのセロトニンが分泌されるのですが、それは長続きしません。

 

チョコレート依存症の典型的な症状

チョコを食べた一瞬は幸せを感じられますが、すぐにその幸せは消え去り、もっと強い満足感を得るためにどんどんチョコレートを食べてしまいます。

チョコを食べないとどんどん不安になり、とりあえずの満足を得ようと手を伸ばす。しかしその満足はすぐに消え去り、また不安な感情に支配され、その感情を消し去るためにまたチョコに手を伸ばす…これでチョコレート依存症に見られる悪循環お出来上がりです。

 

原料がないのに無理やり作り出されるセロトニン

セロトニンの生成にはトリプトファンという原料が必要で、トリプトファンはアミノ酸によって作られます。通常、セロトニンが生成されるのはアミノ酸→トリプトファン→セロトニンという順序で正しく作られるものです。

しかし、チョコレート依存症の人の体内では、セロトニンの原料が枯渇しているにも関わらず、無理やりセロトニンを生成しようとします。無理やり作られたセロトニンはより強い満足感を脳へ伝達しますが、原料が充分でないためすぐに枯渇します。

慢性的なセロトニン不足の状態が続くと、抑うつ状態や慢性的な疲労、怒りやイライラなどの攻撃的な性格が出る一方、急激な不安に襲われるといった情緒不安定な状態になります。この状態が進行すれば、行き着く果てはうつ病やパニック障害です。

 

たかが糖質、されど糖質

砂糖には麻薬と同じ依存性と禁断症状があるというマウスを使った実験結果があります。おそらく、人間においてお同じような症状がでるのでしょう。糖質過多の低血糖症は見くびっていると非常に怖いものです。

うつ病だけでなく肥満、メタボなどの生活習慣病の根源にもあります。

糖質制限はこういった症状を遠ざけるものとして有効な手段ですが、もしこういった低血糖症や肥満の症状に心あたりがある場合は注意して下さい。

 

大特集の目次ページはこちら

 


スポンサーリンク



Pocket
LINEで送る

Top