yモバイルスマホの電波・通話エリアはsoftbankと同じ

スポンサーリンク

 「 yモバイルSIMはキャリアスマホでもSIMロック解除が必要」の記事でも書きましたが、Yモバイルのスマートフォンで利用する回線はsoftbankのものと同じになります。従って、電波や通話エリアもソフトバンクと同じです。

スポンサーリンク

yモバイルスマホの電波・通話エリア=softbankのもの

Y!mobile

Yモバイルは第4の通信キャリアイー・モバイルから名称を変更する形で発足しました。インターネット大手のヤフーがイーモバイルを買収したことでYモバイルという名称になりましたが、そもそもヤフーの筆頭株主がsoftbankです。経営上の事情もあり、Yモバイルではソフトバンクの回線を借り受ける形でスマートフォン事業に本格参入することになりました。

「格安スマホはなぜ安いのか?」という記事で大手通信会社の施設を借り受けるMVNOについて解説しましたが、基本的に大手の通信会社が持つ通信設備と回線を借り受ける形で格安スマホは成り立っています。その回線を利用するにあたって利用料を施設を持つ会社に支払い、なおかつ回線は色々な制限付きにすることで消費者は安く回線を利用することができます。

通信速度であったり、通信容量に制限がついているため、使いたいだけ高速で使えるという訳ではないものの、その限られた範囲内で安く利用するというのが格安スマホです。Yモバイルでも同じように、ソフトバンクの施設と回線を利用する代わりに様々な制限が付くことで、消費者はsoftbankよりもより安い料金で利用することが可能になる、という訳です。

格安SIMの大半がドコモ系列だが、Yモバイルだけsoftbank

格安SIMを取り扱うMVNOの大半はNTTのドコモと同じ回線を利用することになるのでドコモの電波を気にされる方がほとんどなのですが、Yモバイルのみsoftbankの電波を使用します。ちなみに、auにはmineo 、UQ mobileというMVNOがあります。

大抵、同じ系列であればそこのキャリアのスマホに同じ系列のSIMカードをSIMロック解除なしに、そのまま挿して使うことが出来るのですが、残念ながらソフトバンクのスマホにYモバイルのSIMカードはそのまま使えません。ややこしいですね。

他のキャリアから移る場合は念のため電波チェックを

softbankの電波はドコモやauと比べると狭い、電波が入りにくいという印象とお持ちかもしれませんが、完全に過去のものになっています。よほどの山間部や特殊な場所でない限りはsoftbankでも問題なく電波は入りますし、通話も可能です。

ただ、非常にまれなケースかもしれませんが自宅でドコモやauの電波は入っているけど、softbankの電波だけ入りにくいということがあるかもしれません。私の場合は逆で、自宅ではsoftbankの電波は問題なく入るのにドコモの電波だけやや入りにくいということがありました。まぁ、たいていの場所はそれほど心配することはないかと思いますが、もし心配であれば、友人にsoftbankのスマホを持つ人がいれば、自宅まで来てもらって確認してみるのもいいと思います。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top