格安SIMカードにSMSをつける3つのメリット

スポンサーリンク

格安SIMカードにはSMS(ショートメッセージサービス)を別オプションで追加できるものがあります。SMSは携帯の電話番号でメールがやりとりできる機能なので、相手のメールアドレスを知らなかったり、LINEでお友だち登録していなかったり、そういう相手でもメールのやり取りができるものです。

普段はそれほど使う機能ではないのですが、急になくなるとそれはそれで何か不安…。SMSがないと何か困ることがあるんじゃないか、と私も不安に思って色々調べてみたところ、SMSをつけるメリットが3つほど見つかりました。

 

スポンサーリンク

 

格安SIMにSMSをつけるメリット

email-25138_640

LINEなどのアプリ認証に使える

日本人の殆どがLINEを使うようになり、今や生活に欠かせないものになってしまったという人もいるでしょう。なかには会社の中で業務連絡でLINEを使っているところもあるそうなので、LINEの認証に必要とあればSMSの必要性が感じられます。

しかし、確かLINEの認証はFacebookのアカウントを持っていればそちらでも認証が可能であったと思います。ただしFacebookで認証すると、お友達リストにFacebookの繋がりがはね胃される可能性はありますが…。Facebookのアカウントを持っていない、アカウントはあるけど使っていない、使いたくないという人はSMSがあった方が便利だと言えます。

フリーメールだと相手に届かない場合がある

格安SIMにするとメールアドレスがこれまでのキャリアアドレスでなくなり、Gmailなどのフリーメールアドレスを中心に使うようになります。しかし、相手のスマホに迷惑メール対策でPCメールアドレスからのメールを拒否する設定をしている人が多いので、送信したメールが相手に届かないケースが多いようです。

近い友人であれば知らせることが出来ますが、すべての人にそれを矯正することは現実的ではありません。そういう時のためにSMSを使うという手もあります。

バッテリー消費を抑えられる

スマホをいじる手

SMS付きSIMカードのメリットって何?」という記事に記載されていた内容です。セルスタンバイ問題とかアンテナピクトがどうとか難しい言葉が並んでいますが、要はSMSがないとバッテリー消費が早くなる場合があるそうです。

電車や新幹線、高速バスなどに乗っていると、いつもより電池の減りが早いことがありませんでしたか?あれは高速で移動中にスマホがどこの電波を受信するか探しまわって、負担がかかっているのが原因なのですが、SMSを付けない場合にも同じ現象が起こります。

SMSがないと音声回線がないのと同じになり、画面上にあるアンテナが立たなかったり安定しないことがあります。それが日常的に起こってしまうがゆえに、バッテリー消費が早くなるそう。全てのスマホで同じ問題が起きるわけではなく、お使いのスマホ端末によるのだそうですが、あまりにもバッテリー消費が早いのは困りもの。

SMSはとりあえず付けといたらいんじゃね?

以上3つのSMSメリットを書いてきましたが、あなたのスマホライフに照らし合わせるとどうでしょうか?ちなみに私の場合は、こういった心配がある以上、だったらSMS程度のオプションはつけといた方がいいんじゃない?ってのが結論です。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top