IIJmioの評判と使ってみたリアルな感想レビュー【格安SIMのエース】

Pocket
LINEで送る

 

2015年に入り、格安SIM界のエース、MVNOのエースといえるほど高い品質と人気で頭一つ抜け出した感があるIIJ。もともとOCNモバイルONEと並んで高い人気と評判を誇っていましたが、実際に使ってみてその理由がわかりました(←今更)。

誰に気兼ねするでもないので自由気ままに、率直な感想を述べていきたいと思います。きっちりデメリットも提示しつつ、他のサイトの意見も取り入れつつ、紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

評判が良かったIIJmioを使ってみた正直な感想レビューと結論

IIJ mioのパッケージ

よかった。すごくいい。私はかなり満足しています。

速度面、品質面、利便性、いずれにおいても高い満足度です。さすがに格安SIMの中でも評判がよく、エース的存在なだけはある(2回目)。2015年4月の料金プラン改定合戦を最初に仕掛けたのもIIJですし、回線の増強もぬかりなく、今後のサービスも安心して使えるはずです。

出張や営業など出先でよくスマホを使用される方はWi-fiのwi2が使えるBIC SIMの方がいいかもしれません。同じIIJがビックカメラと提携して販売しているSIMなので、品質面やサービス面はほぼ同じです。

 

速度・品質面の評判と感想

速度面について最初に言っておくと、IIJmio非常に快適に使えます。

ただし、平日お昼の時間帯を除いて。

以下は私が何度も速度調査をした結果をまとめた記事なのですが、平日の昼の12時~午後1時の時間帯は急激に速度が落ちます。それまでの快適度合いが嘘のように、この1時間だけは非常に速度が遅いです。

⇒ IIJmio速度測定【2015人気SIM】昼は遅いが制限下でも使えるぞ!

それ以外の時間帯はとても快適で、サクサク、ヌルヌル操作できるので速度面はこれ以上なく満足。ただ、何度も述べている通り平日お昼の時間帯だけは遅い。私が調査した条件下だとこういう結果なのかどうかを調べていくと、東京を中心に全国各地で調査された他サイトさんでも同じような調査結果が示されています。

 

 

いずれのサイト様も2015年に入ってからの調査結果なので、かなり参考になると思います。ちなみに、上記リンク先の記事を一つ一つ見ていくと何もIIJだけがこの時間帯に遅い訳ではなく、他のMVNOも同じように速度が落ちています。

その中でも高い数値を残しているものがあるのも事実ですから、お昼の時間帯の速度を重視される方はこういった調査記事を参考にしながら丹念に見ていって、ベストなものを選び抜くといいでしょう。

 

IIJの利便性の評判と使ってみての感想

利便性の面でメリットと言えるのは大体こんなところかな。

  • 高速通信・低速通信がアプリでできる
  • 残量確認もアプリでできる
  • 余ったデータ通信量は翌月に持ち越しできる
  • プラン変更も公式サイトで出来る
  • 3GBで料金はSMS付で税抜1,040円、SMSなしで900円と安い

追加のデータ通信購入もできるのですが、私は使うことがないので別に気にしていません。ただ新たに追加で購入したいという人はアプリで簡単にできますから、そのあたりも考慮すると高い利便性を誇っていると言っていいでしょう。

個人的には4月から2GB→3GBに増量されたのがすごくうれしい。普段は自宅にWi-Fiがあるので気になりませんが、たまに泊りがけで外に出る用事があるとすぐに使いきってしまいます。そのためこの1GB増量は結構うれしい。まぁ、IIJだけでなくほかのMVNOでも追随して似たような増量は行っていますが。

 

IIJはどんな人におすすめ?

IIJを一言で評価するなら「万能性に優れる格安SIM」です。速度面、品質、利便性はトップクラス。

ただし、サラリーマンや学生などお昼休みの時間帯でも快適に使いたい場合は、他のSIMを使った方がいいです(今のところ)。IIJはこの時間帯だけは遅いので、せっかくIIJを導入しても昼の時間帯の遅さにイラついて不満を持つと思います。まぁ、辞めておいた方が無難です。

お昼の時間帯をそんなに重視せず、1日快適に使いたいという人であればこれ以上ない格安SIMだと自信をもって言えます。今後利用者が増えて速度が落ちる可能性はありますが、落ちたら落ちたでサービス面で優れるIIJならきっと今後も増強してくれるでしょう(笑)

お申込みはこちらから >>選ぶなら確かな品質。IIJmioの格安SIM

終わり!


スポンサーリンク



Pocket
LINEで送る

Top