IIJmioクーポンアプリはスイッチ一つで速度切り替え残量確認可能

スポンサーリンク

格安SIMの中でも特に高い人気を誇っているのがIIJです。その人気の秘密は高速通信と低速通信を簡単にスイッチ一つで切り替えができるクーポンアプリがあること。このアプリを開くと、残りのデータ通信量も確認できますし、追加のデータ通信量を購入することも出来ます。

長く格安SIMを使用していると、どうしても月末にデータ通信量足りなくなったり、なんとなくネットしているときは低速通信でいいから大事な時のために節約したいときが出てきます。そういうときのために、こういったアプリがあると非常に助かりますね。

スポンサーリンク

IIJmioの人気の秘密がスイッチ一つで速度切り替えができるクーポンアプリ

IIJが提供しているクーポンアプリでできることは以下の通り。

  • 残量を確認できる
  • 高速通信・低速通信を切り替えられる
  • 追加のデータ通信量の購入
  • 公式サイトに行かなくてもアプリでそれが出来る

非常にシンプルな機能のみをそろえています。契約プランの変更は公式サイトで行うのですが、これもアプリでできるようになるとより便利ですね。

みお「ぽんアプリ

アプリの名称は「みおぽん」といって、スマホ画面にはこんな感じで並びます。いつでも好きな時にデータ残量の確認と高速・低速の切り替えが可能です。

クーポンアプリの操作画面低速・高速通信の切り替えと速度制限条件とデータ通信の繰り越しについて

IIJアプリ操作画面①

上の画面が起動時のもので、それぞれタップすると以下のように詳細が表示されます。

IIJアプリ操作画面②

この状態は高速通信をOFFにしている、つまり低速通信の状態です。この低速通信の状態で、3日間で366MBを超えるとさらに通信制限がかかります。高速通信の残量が残っている場合、いくら高速通信量を消費しても速度制限・通信制限はかかりません。つまり、通信制限がかかるのは低速通信で使いすぎた場合のみとなります。

IIJアプリ操作画面③

高速通信にしたい場合はOFFのところをタップします。すると、以下の画面のように左下の「更新」のところが赤色で表示されますから、「更新」をタップ。これで切り替えが完了します。

ちなみに、IIJ mioの格安SIMは3GB、5GB、10GBの3つのプランがありますが、いずれも余ったデータ通信量は翌月に持越しが出来るのもメリットです。

IIJの速度についてはこちら⇒ iijmio速度測定【2015人気SIM】昼は遅いが制限下でも使えるぞ!

まとめ

使う前はそんなにアプリの必要性を感じていなかったのですが、今となってはこのアプリがないと不便極まりない状態になってしまいました。やはり、こういった高速・低速通信が簡単に切り替えできるアプリがあるのとないのとでは、全く違います。

速度面は年明けに大規模な増強があったらしく、お昼度時以外はとても快適です。そしてこのアプリがあるおかげで使い勝手も非常にいいので、格安SIMを検討しているという人は選択肢に是非入れておいて損はしないと思います。

こちらもどうそ→IIJmioの評判と使ってみたリアルな感想レビュー


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top