イオンスマホの電波・通話エリアはドコモのものと同じです

スポンサーリンク

グダグダと結論を先延ばしにするのも面倒なのでタイトルに書きましたが、イオンスマホにしたときの電波・通話エリアはNTTドコモのものと同じです。なので、ドコモのスマホを使用している人は依然と同じ電波状況で利用することが出来ます。

スポンサーリンク

イオンスマホの電波・通話エリアについて

イオンスマホというのは、そもそもイオンが独自に開発したスマートフォンではありませんし、独自の電波施設を持っている訳でもありません。一般に出回っているスマホ端末とSIMカードと言われるICチップ(これも普通に単品で購入できる)をセットで販売し、アフターサービスや対面接客を行えるようにしたものです。なので、イオンスマホはイオンが家電量販店などで単品で売っている商品たちをセットにして、それプラス独自のサービスもくっつけて展開しているというものです。

スマートフォンが電話やインターネットを利用できる状態にするためには、SIMカードと言われるICチップが必要です。個人の契約状態や情報が詰め込まれているのがこのSIMカード。そのICチップはBIGLOBEというNTTドコモの電話施設を借り受けている業者のものをイオンスマホでは採用しているので、必然的にイオンスマホの電波・通話エリアはドコモと同じものになります。

ソフトバンクやauからイオンスマホに変更する場合は電波状況の確認を

これは私の実体験なのですが、ソフトバンクやauとドコモの電波エリアはそれぞれ違っていて、自宅ではドコモの電波が入りにくかったことがありました。私は今までずっとソフトバンクを使用してきていて、それこそJ-phone時代からVodafone、そしてソフトバンクまでずっと同じ系列のものを使用していて、自宅では電波はよく入り困ったことも全然ありませんでした。

しかし、ドコモの携帯、スマホを持っている友人が自宅に遊びに来ると、「なんかここ電波悪いな」とよく言うことがあって、auやソフトバンクでは問題ないのにドコモの電波だけ入りにくい特殊な場所だったようです。

で、最近になってNTTドコモ系列のSIMカードを入れて格安スマホとして利用してみると、やっぱり電波が入りにくい!その時になってようやく以前友人が言っていたことを思い出したのですが、もうどうしようもありません。幸いにもネットが繋がらないとか、電話も出来ないというほどの酷い電波状況ではなく、あくまで「やや電波が入りくい」だけだったので生活上困ることはなかったので助かっています。

こういうのは非常にレアなケースだとは思いますが、絶対にないとも言い切れません。自宅でのドコモの電波状況も友人を呼んでみてスマホで確認してみると、より確実だと思います。

公式サイト→ イオンスマホ
イオンスマホテキストリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top