4kテレビ放送、2014年11月は新たにJリーグの試合も

スポンサーリンク

まだまだ一般には浸透しきれていない4kテレビ放送ですが、徐々に、本当に徐々にではあるものの放送が増えています。2014年の11月にも新たに放送番組が追加されたとのニュースが有りましたので、紹介します。

スポンサーリンク

11月の4k試験放送番組

11月3日のJリーグ、「横浜Fマリノス-浦和レッズ」、11月29日の「川崎フロンターレ-サンフレッチェ広島」の試合が試験放送の対象番組です。他にもボクシング、テニス、正倉院展なども含まれています。以下引用。

11月度の番組編成では「天皇皇后両陛下傘寿記念 第66回 正倉院展」(讀賣テレビ放送)や「新TV見仏記 京都・東寺編~4Kで撮っちゃいましたスペシャル~」(関西テレビ放送)などの新番組が加わるほか、Jリーグなどスポーツの生中継も行われる。予定されているのは、Jリーグが11月3日に行われるJ.League Divsion1 31節 横浜F・マリノス×浦和レッドダイヤモンズ、11月29日の同33節 川崎フロンターレ×サンフレッチェ広島の2試合。また、11月22日に行われる日清食品ドリームテニス ARIAKE、ボクシング世界タイトルマッチもWOWOW提供による特別編成番組「TOUCH! WOWOW2014」(10~22時)の枠の中で生中継の予定だ。

4K試験放送「Channnel 4K」、11月の番組編成ではJリーグなどの生中継開始より引用

ちなみに、この引用した記事の下に番組表があるんですけど、画像が小さいし、画質が荒すぎて全く解読不可能です…。

試験放送で番組が追加されても4Kテレビがないと意味が無いじゃん?

まぁ、結局はそうなんですよね。4kテレビはずっと興味があるんですけど対象番組が少ない以上、決して安くない金額で買ってもしょうがないかなぁと思うんです。でも、試験放送番組がこうやって告知されていても、そのテレビがないと意味がないっていうね。こういう状況なので買うという選択をしづらいです。

まだまだ先駆者的な新しいモノ好きだけが買う段階?

4kテレビの買い時は正直まだもう少し先かなと思っています。美しく綺麗で番組が見れるのは嬉しいですが、その画質で放送されている番組が少ない以上あまり旨味がないというか…。少ない番組でもきれいな画質でみたいんだよ!っていうほどでもないって人が多いでしょうし、私もそうです。

ニュースメディアでの報道を見ていると、2020年は全ての人に4Kでオリンピックを見てほしいという記事にある通り官民一体で取り組んではいるものの、日本全国の一般家庭に浸透するのはもう少し先だと言わざるを得ません。

現状、4Kテレビを買いたいという人はよほどの新しいモノ、しかもその中でもさらに先駆者的な人達だけでしょう。そして徐々に放送番組が増えていく中で口コミや前向きな感想が増えていき、それに伴って対応番組が増えていって、少しずつ浸透していくのではないかと思います。

将来的には2016年から8kの試験放送が開始されるとのことなので、テレビ業界もそれに付随して売れ行きが好調になっていくのではないでしょうか。8Kテレビが浸透すること、私はいったい何歳になっているのか…


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top