クレジットカード審査の申し込みブラック:期間・間隔と件数を確認しよう

Pocket
LINEで送る

 

 クレジットカードを一定期間に同時申し込みや複数申し込みをしすぎることを申し込みブラックといいます。厳密に申し込みブラックという定義が金融業界に存在するわけではないようですが、それでも一応の期間と件数のラインが有り、それを超えると申し込みブラックとして扱われるというのが一般的な考え方です。

申し込みブラックになるとクレジットカードの申し込みをしても審査に落ちやすくなり、しかも履歴に残るというデメリットがあります。一時的に審査に落ちるだけならともかく、自分の信用情報にそれが記録されてしまうのであれば、安易にクレジットカードの申し込みをするのも考えものです。

 

スポンサーリンク

 

申し込みブラックとはどれぐらいの期間に何件申し込みをすると該当するのか?

クレジットカードをもつ手

一般的には「1ヶ月間に3枚以上の申し込み」で申し込みブラックに該当すると言われています。なぜこの期間、この枚数なのかは厳密な定義がある訳ではなく、この条件であれば審査担当者の印象がかなり悪くなるというのが正しい解釈ではないかと思います。

申し込みブラックは過去にどのクレジットカードに申し込み、その審査結果も含めて信用情報にしっかり記録されます。安易に申し込みをし過ぎるとご自身の信用情報に傷が入りますから注意が必要です。

 

なぜ一定期間にクレジットカードの同時申し込みをすると印象が悪くなるのか?

そもそも論として、なぜ申し込みブラックがダメなのか?

 

その答えは多重債務者に共通した特徴にあります。それは借り回しという行動で、Aという会社の返済をするためにBという会社からお金を借りるという行為です。さらに酷い場合だと、Aの返済はBの借り入れで行い、Bの返済をCで、Cの返済はDとEの借り入れで行うといった借金地獄です。

クレジットカードを短期間で同時申し込みをすると、この借り回しの状態にあるのではないか?と審査担当者が危惧するために申し込みブラックは嫌がられるのです。この申込者はお金に困っていて金策に走っているのか、早急にお金が必要な何らかの事情があるのではないか、と審査担当者は心配になります。

他の借り入れ記録も信用情報に記録されますが、全てが記録されているわけではありません。奨学金の返済に関しては3ヶ月以上の滞納がなければ信用情報には記録されませんし、事業融資の返済もここには記録されません。信用情報に記載されていないことでお金に困っているのではないか?という印象をもたれやすいのが申し込みブラックの特徴です。

 

審査基準は各カード会社によって異なる

申し込みブラックになると絶対にクレジットカード審査に落ちるのか?というとそうとも言い切れません。各カード会社の審査基準はそれぞれ全く違いますから、Aという会社では審査に通ることもあるし、別のカード会社では落ちてしまうこともあり得ます。

また、申し込みブラックになってしまっているけどその記録が信用情報に記載されるまでにタイムラグがあるので、その短い期間の間に審査に通ってしまうということもあります。厳しいところだと後にカードの利用を取り消しされることもありますが、こういうケースも少ないながらあるようです。

 

クレジットカードの申し込みはどれぐらいの間隔で行うのがいいか?

カレンダー

ただし、申し込みブラックは一般のブラックリスト(滞納などが記録される事故情報)とは違い、記録される期間が約半年と非常に短いのが特徴です。一般の事故情報は長い場合だと10年ほど記録に残りますから、それに比べれば記録の消滅がかなり早いと言えます。

したがって、新規にクレジットカードが欲しい場合、特に複数枚のクレジットカードを作ろうと考えている場合は同時に何枚も申し込みをするのではなく、一定間隔を空けて申し込むのが得策です。最長でも半年、ご自分の経済状況や年収、過去の事故情報と照らしあわせて申し込む間隔を考えるのがいいでしょう。

どうしても心配な人や確実にいきたい人、クレジットカードの発行に急いでいない人は半年間隔で申し込むのがやはり最も確実です。

参考>> クレジットカード審査になぜ落ちる?あなたが審査に通らない理由


スポンサーリンク



Pocket
LINEで送る

Top