クレジットカード審査:家族・身内や保証人は合否に無関係

スポンサーリンク

 家族内に破産手続をした人がいる、家族に多額の借金を抱えており返済が滞っているなど身内がブラックリストに入っている可能性が高い人もいるでしょう。こういった場合、よく本人は無関係なのにクレジットカードや住宅ローンなどお金を借りる際の審査が不利になるのではないか、と心配される方が多くいます。

しかし、結論を申しますと家族といえど本人の支払い能力に関係がなく、そして本人が成人しお仕事をしっかりして収入を確保している場合は全くの無関係です。いくら家族に自己破産をしたり多額の借金を抱えている人がいたとしても別の人格として扱われるので全く心配する必要はありません。

 

スポンサーリンク

身内に破産した人がいる…クレジットカードや住宅ローンの審査に影響しないケース

書類

支払い延滞は本人によるものであればその人の信用情報に傷がつきます。事故情報として事細かに記録され、1日でも支払いが遅れれば容赦なく記録として残されます。しかし、家族の自己破産をはじめ、保証人の支払い義務(申込者が誰の、どの支払いの保証人になっているか)は信用情報には一切記載されることはありません。

したがって、家族内にどれだけ破産者がいようとも、その人は別の人格として扱われますし、その人がしっかりとした安定収入があり過去の事故情報もなければ審査に通る可能性が高いと言えます。

本人の了承がないと信用情報は参照できない

まず大前提として、身内に破産者や借金を抱えていたとしても審査担当者はその事実を知ることが出来ません。なぜなら、カード会社やローンの審査を担当する人は申込者の信用情報しか確認できないからです。家族の信用情報を見るには、その家族の同意が必要なのです。

クレジットカードの申し込みをすると、申し込み手順の中で信用情報の開示に同意するという項目があります。この項目にチェックをすると審査担当者は信用情報を確認できるのですが、その同意には本人の信用情報だけで家族の信用情報の開示に同意するという意味までは含みません。

あくまで本人の同意なしでは第三者が家族の信用情報までを確認することはできないような仕組みになっています。だからクレジットカードや住宅ローン、車のローンを組む際に身内にことがバレるのではないか、と不安がる人がいますがそれは心配御無用です。

 


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top