楽天カードに新規入会すると1万ポイント贈呈の大キャンペーン

Pocket
LINEで送る

 

 

CMでもお馴染み、新規入会特典としてポイント贈呈キャンペーンを年がら年中行っていた楽天カード。私が楽天カードを作ったのは今から8年ほど前だったと思いますが、そのときは入会特典として5,000ポイントの贈呈がありました。

楽天カードは入会特典のポイント贈呈はずっと行っていてそのポイント数はだいたい2,000~5,000がほとんどだったんですが、なんと12月3日までに入会申し込みをすれば合計10,000ポイント贈呈という未だかつてない大規模な入会キャンペーンを実施しています。

 

スポンサーリンク

 

楽天カード新規入会特典!1万ポイント大贈呈

楽天カード入会キャンペーン

楽天カードの新規入会特典はこれまでずっとポイント贈呈キャンペーンという形で行われてきました。だいたい「今だけ!」とか「○月○日までの超お得キャンペーン!」などのフレーズを繰り返してきましたが、実際の所はキャンペーンの区切りがあって内容は微妙に変化しつつも、年がら年中同じようなキャンペーンをずっと行っているのが実態でした。

なので何時申し込んでも同じ、いつでも同じようなキャンペーンばかりやっているという印象だったのですが、そのキャンペーンの威力が落ち始めた頃に「楽天カードマン」というCMを大々的に全国規模で流し、さらに会員獲得数を伸ばしたという経緯があります。

そのCMの威力も落ち始めたのでしょうか、今回はなんと今までにない規模の1万ポイント贈呈という太っ腹なキャンペーンを打ち出してきました。

 

楽天カードのこの入会特典、悪くないんじゃないか?

1万ポイントの実際の価値で言いますと、楽天市場や楽天ポイント加盟店で1ポイント=1円で使えますから、ほとんど1万円の価値と変わりありません。また、楽天市場には様々なショップがあり楽天市場ならなんでも揃っている(安いかどうかはさておき…)ので商品券が1万円貰えるといって良いでしょう。

それにこの1万ポイントキャンペーンも再びやるのではないか今申し込まなくても同じキャンペーンを何度もやるのではないか?という疑問もありますが、こればっかりは楽天内部の人間しか分かりません。やるかもしれないし、やらないかもしれない。

個人的にはやると思いますが、その頻度は少ないと思います。あくまで私の予想ですが、多くても半年に1回とか1年に1回とか、これを逃すといつやるかわからないし…という不安を煽るぐらいの頻度で(笑)

楽天はメールマガジンを大量に送りつけてくるなど結構ネガティブなイメージもありますが、カード利用に関しては申し込み以来特に不満はありませんし、今回のキャンペーンはかなりお得だと思います。他のクレジットカードではここまでの入会特典はありませんし、新しいクレジットカードを持ちたいとお考えの人は選択肢に入れるのも悪くないでしょう。

 

注意すべきなのは指定期間内に1万円のカード利用が必要

クレジットカード

この入会特典は2014年1月末 ~2015年1月末までの間に1万円のカード利用をするというのが条件になっています。その利用がなければ(キャンペーンへのエントリーをして)3,000ポイントの進呈しかありません。また、ポイント付与も来年3月20日辺だそうで、少し待たなければいけません。

この1万円をどう使うかですが、携帯電話や家賃、光熱費、駐車場代などの固定費に使えばOKです。期間は2ヶ月ありますので1万円であれば固定費意外にもショッピングで使うことも出来るでしょう。

 

固定費の支払いを望んでいる楽天カード

ただ、おそらく楽天カード側から見れば固定費の支払いをして貰うのが一番ありがたいはずです。なぜなら、この期間内に固定費の支払いを楽天カードに変更してもらうことで、それ以降はずっとメインカードとして使ってもらえる可能性が高いからです。

この計算にあえてのるかどうかは各個人の判断ですが、個人的には楽天カード自体そんなに不便だとも思っていないのでそれはそれで別にいいんじゃない?と思っています。

 

楽天市場だけじゃなく加盟店でもポイントは使えます

楽天のロゴ

楽天ポイントは楽天市場内だけしか使えない訳ではありません。最近出来たRポイント加盟店であれば、今回貰ったポイントも店頭で使うことが出来ます。ちなみに、楽天ポイント加盟店はポイントを貯めることは出来ますが、使うことは出来ません。

楽天ポイントを使えるのは楽天が運営するサービス(楽天市場、楽天ブックス、楽天トラベルなど)の他に、サークルKサンクス、大丸、松坂屋、ポプラ、ミスタードーナツなどがあります。詳しくはRポイント公式サイトで。

基本的には楽天のサービスで使うことが多いと思いますが、先に上げた加盟店をよくご利用になる方は店頭でご利用になるのもいいですね。


スポンサーリンク



Pocket
LINEで送る

Top