久坂玄瑞と辰路の子供・秀次郎と美和が辿った生涯【写真付】

Pocket
LINEで送る

 

 久坂玄瑞・文夫婦の間に子供は生まれなかったが、浮気で子供を作っていたことが発覚

急進的な尊王攘夷活動が歴史の表舞台とすれば、家庭生活は裏の舞台と言いましょうか。久坂玄瑞は杉文という女性と結婚したものの、実子は授かりませんでした。養子を迎え入れることになるのですが、後に久坂玄瑞は京都で芸姑との浮気をしていたことが発覚し、しかも子供が生まれていたことも判明しました。

この件に関してはドラマの中でどのように描くのかはわかりませんが、久坂玄瑞という一人の男にまつわる事実として後世に残っています。この一連の騒動を時系列で振り返ってみます。秀次郎の写真は記事の後半で。

スポンサーリンク

 

文と久坂玄瑞の間に子供は生まれず

2人が結婚してまもなく、文の実家である杉家で夫婦は新生活を共にすることになりました。といってもその期間は僅か三ヶ月足らずで、この短い時間が夫婦にとって最も平和で穏やかな時間であったと思います。結婚からまもなく、久坂玄瑞は藩名により江戸へ遊学します。

江戸へ行く際に立ち寄った京で尊王思想を持った志士たちの活動を目の当たりにしつつも、江戸では佐久間象山に入門。それ以降久坂玄瑞は妻の文がいる萩を(長期に渡る)生活拠点とすることはありませんでした。

 

文の姉、寿と小田村伊之助夫婦から養子を迎え入れる

久坂玄瑞は1864年に禁門の変で自刃しており、25歳という若さでこの世をさりました。そのちょうど1年ほど前、久坂玄瑞は文に養子を迎え入れようと提案します。2人は一緒に暮らした時間も短く、動乱の時代を生き抜く夫は命からがら全国各地を飛び回るという生活を送っていました。そのため2人には子供がまだいませんでした。

そこで久坂玄瑞は文の姉、寿と小田村伊之助夫婦の次男である久米次郎を養子に迎えます。正式に養子に入ったのは久坂玄瑞が死去する8ヶ月前のことでした。このことを久坂玄瑞は大変喜び、長州藩にとって情勢が芳しくない時期でありながら「久米次郎事、まいまいまいり候や、はやはやはや成長よかしと祈り居候事に候」と無邪気に喜ぶ様子を手紙で書き伝えています。

また、自刃する1ヶ月前には久米次郎と添い寝したことを大変喜び、「久米次郎昨日参り、大いに喜び、昨も一緒に寝候」と優しき父親の一面をのぞかせています。このとき既に自分の宿命を感じていたのか、この幸せを永遠なものとして感じていたかはわかりません。

 

久坂玄瑞の浮気?京都で生まれた隠し子…

1864年、久坂玄瑞、禁門の変にて自決。1人の子供と妻を残しての死でした。妻の文は22歳にして未亡人になり、6歳の息子もいました。しかし、久坂玄瑞の死から数ヶ月経過した1864年の9月、久坂玄瑞の息子が京都で生まれたことが発覚します。隠し子というよりは、正確には久坂玄瑞本人すらその存在を知らなかった可能性もある子供です。その子供は秀次郎という名で、久坂玄瑞が幼少時に名乗っていいた秀三郎にちなんで付けられた名前でした。相手は京の芸姑と言われるお辰(辰路)です。

時系列で振り返ってみると、久坂玄瑞が文に養子を提案したのが1863年8月、夫婦が養子を迎え入れたのが1864年正月、久坂玄瑞が自決したのが1864年7月、秀三郎が生まれたのが1864年9月です。十月十日の原則を照らし合わせれば、養子を迎え入れる直前に浮気をしていたことになります。幕末事情に詳しいファンからすると、このような事実はあまり知りたくなかったといいますか、ドラマでもあまり描いてほしくないと云いますか…(笑)

 

文に走った衝撃と養子に迎え入れた久米次郎の処遇

現代ほど女性関係に厳しくはない時代だった(女性の不倫は大罪だったけども)とは言え、文に走った衝撃は相当大きなものであったでしょう。なんせ愛する夫の正妻は自分であり、しかも夫婦間に実子はいませんでした。夫の提案で姉夫婦から養子を迎え入れたのにも関わらず、遠く離れた京の、しかも花街に身を置く女性との間に夫が実子を残していたのですから、その事実を受け入れるのは簡単ではなかったはずです。

 

秀次郎と久米次郎のその後

秀次郎は生後、久坂玄瑞の縁者である酒造家に託され、長州藩の徳佐村という場所で育ちます。その後明治2年(1869年)に、長州藩は秀次郎は正式に久坂玄瑞の子であることが認められました。となると、久米次郎を養子を迎え入れた文、養子を出した小田村伊之助と寿は頭を悩ませます。秀次郎が正式に久坂家を継ぐことになれば、久米次郎は何のために養子に出したのか。秀次郎が家督を継ぐのか、久米次郎はどうするか、その話し合いのため小田村伊之助(楫取素彦)は文の兄・梅太郎(民治)と直接会って相談をしています。

結局、明治12年(1879年)9月、秀次郎が久坂家を継ぐことが決まりました。当時15歳の秀次郎の養育費はなんと楫取素彦が工面することも同時に決まります。養子に出した息子が継ぐ予定だった家督を、突然現れて奪う形になった秀次郎の養育費を出すというのですから、懐が深く器の大きい人であったのでしょう。それと同時に、秀次郎は秀次郎で自分が望んだものではない複雑な生まれによって憎まれ役となり、様々な苦悩もあったのではないかと思います。

ちなみに、久坂家に一足早く養子に入っていた久米次郎は小田村家に復籍。つまりもとの実の両親のもとに戸籍共々戻りました。久坂玄瑞が残した1人の男児によって起きた大騒動はこれでひとまず落ち着きを見せたのです。

秀次郎の後世

久坂玄瑞の子供、秀次郎画像は吉田松陰とその家族-兄を信じた妹たち (中公新書)P221より印象

現在書籍などで残っている記録によりますと、秀次郎は久坂家を正式に継いだ後、大倉組(ホテルオークラや現在の大成建設などが属していた大倉財閥の企業)という会社の台湾支社で勤務していたことが分かっています。昭和7年(1932年)4月、69歳で東京にて他界。

現在残っている秀次郎の肖像画は、父久坂玄瑞の肖像画のもとになったという説もあります。戸籍上の母は井筒タツという女性で、京都島原では辰路という名でした。(一部、佐々木ヒロという名だった説もあり)

ちなみに、この秀次郎の肖像は久坂玄瑞の肖像の元になったと言われていて、上の画像と下の画像を見比べると以下のように、そっくりです。 

久坂玄瑞photo by wikipedia-久坂玄瑞

 

文は長い年月を経て再び久米次郎の母になる

この一件には続きがあって、養子に迎え入れた文は久米次郎の義理の母になりました。しかし、久米次郎が復籍したことで親子関係は法律上消滅。実の両親である小田村伊之助(楫取素彦)と寿のもとに戻ります。

しかし、寿が病没した後に文は楫取素彦と再婚します。ここで、再び久米次郎の母親となったのです。血のつながりはありませんが、一時は義理の母として久坂家の跡継ぎになるであろう久米次郎を養育し、そして長い年月を経て再び久米次郎の母に。文という女性は終生実子を出産しませんでしたが、久米次郎はかけがえのない存在だったのかもしれません。(しかし、久米次郎は台湾で抗日運動に巻き込まれ、殺害される)

 

久坂玄瑞への賛否

久坂玄瑞が取った行動の賛否はあるかもしれませんが、この時代(特に京都では)処刑や暗殺が日常茶飯事で起こる不穏な空気に満ち溢れた場所であり、そういった場所で探索の目を逃れながら命を危険に晒し、国事に奔走していたのも事実ですし、私個人の評価など出る幕でもありません。

心の拠り所となってくれる妻の顔もなかなか見れず遠く離れていた上、20代前半という若い年齢でこのような責任をまっとうしつつ迫り来る命の危険と隣り合わせという状況では、心正直芸姑に相手してもらわなければ「やってられない」というのもあったのでしょう。その是非については色々あるかもしれませんが、それもまた歴史の一部ということです。

 

>> NHK大河ドラマ・花燃ゆ大特集ページへ <<

スポンサーリンク



Pocket
LINEで送る

Top