映画・バンクーバーの朝日の原作の感想・あらすじとネタバレも少々

スポンサーリンク

戦前にカナダに移住した日系人とその2世たちによる野球チーム、朝日を描く大作映画「バンクーバーの朝日」。実話をもとにした物語で、豪華な出演者もさることながら映画のノベライズ本となる原作も非常に読み応えのある注目映画です。

原作を読みましたが、キャピキャピしたスイーツ映画とは一線を画すかなりシリアスなヒューマン映画です。舐めて見始めると、その重さとのギャップに驚くと思います。私もこんなにシリアスで重た~いシーンがある映画だとは思っていませんでした。でも、確実にいい映画になるのは間違いないと思います。

 

スポンサーリンク

バンクーバーの朝日の原作を読んでのあらすじ紹介

【映画ノベライズ】バンクーバーの朝日 (マガジンハウス文庫 に 2-1)

日本は西欧文化入りはじめたものの、農村部ではまだまだ貧困と経済的困窮が続いていた明治時代。カナダへ移住し、むこうで3年働けば日本で一生楽に暮らしていける。そう皆が信じて海を渡った時代。理想と現実の過酷なほどのギャップに苦しみながら、そして差別と偏見と団結力で身を粉にして働いた日本神の出稼ぎ労働者達たち。

時が流れて家族を持ち、その子供たちである2世を中心に、バンクーバーで結成した野球チーム「朝日」のなかで繰り広げられるヒューマン映画です。日本人ではあるけれど、日本の地を踏んだこともない、しかし生まれ育ったカナダ人にもなれない、差別と偏見、厳しい経済状況と時代に翻弄されながらも野球を心の拠り所として懸命に生きようとしてきた人々の物語です。

バンクーバーの朝日のキャスト:これすげぇなっていうほどの豪華出演者

妻夫木聡主演、亀梨和也、勝地涼、池松壮亮などの今をときめく若手俳優達が勢揃いする豪華出演陣。野球好きで知られる亀梨和也に野球少年だった池松壮亮、そして高校時代に松坂の相棒としてキャッチャーをしていた上地雄輔など野球をこよなく愛する出演陣は気合も入っているはず。

その他にも佐藤浩市、大杉漣、宮崎あおい、高畑充希、貫地谷しほり、ユースケ・サンタマリア、本上まなみ、鶴見辰吾などなど、主演級の役者が勢揃いするこの映画は2014年の年末大ヒットしないはずがないほどの気合の入れよう。

栃木県足利市に設置された街1つ分の特大オープンセットなど制作に一体どれだけのお金がかかったのと嫌らしい考えが浮かぶほどの映画です。

 


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top