映画・バンクーバーの朝日の原作の感想・あらすじとネタバレも少々

Pocket
LINEで送る

 

戦前にカナダに移住した日系人とその2世たちによる野球チーム、朝日を描く大作映画「バンクーバーの朝日」。実話をもとにした物語で、豪華な出演者もさることながら映画のノベライズ本となる原作も非常に読み応えのある注目映画です。

原作を読みましたが、キャピキャピしたスイーツ映画とは一線を画すかなりシリアスなヒューマン映画です。舐めて見始めると、その重さとのギャップに驚くと思います。私もこんなにシリアスで重た~いシーンがある映画だとは思っていませんでした。でも、確実にいい映画になるのは間違いないと思います。

 

スポンサーリンク

 

バンクーバーの朝日の原作を読んでのあらすじ紹介

日本は西欧文化入りはじめたものの、農村部ではまだまだ貧困と経済的困窮が続いていた明治時代。カナダへ移住し、むこうで3年働けば日本で一生楽に暮らしていける。そう皆が信じて海を渡った時代。理想と現実の過酷なほどのギャップに苦しみながら、そして差別と偏見と団結力で身を粉にして働いた日本神の出稼ぎ労働者達たち。

時が流れて家族を持ち、その子供たちである2世を中心に、バンクーバーで結成した野球チーム「朝日」のなかで繰り広げられるヒューマン映画です。日本人ではあるけれど、日本の地を踏んだこともない、しかし生まれ育ったカナダ人にもなれない、差別と偏見、厳しい経済状況と時代に翻弄されながらも野球を心の拠り所として懸命に生きようとしてきた人々の物語です。

 

バンクーバーの朝日のキャスト:これすげぇなっていうほどの豪華出演者

妻夫木聡主演、亀梨和也、勝地涼、池松壮亮などの今をときめく若手俳優達が勢揃いする豪華出演陣。野球好きで知られる亀梨和也に野球少年だった池松壮亮、そして高校時代に松坂の相棒としてキャッチャーをしていた上地雄輔など野球をこよなく愛する出演陣は気合も入っているはず。

その他にも佐藤浩市、大杉漣、宮崎あおい、高畑充希、貫地谷しほり、ユースケ・サンタマリア、本上まなみ、鶴見辰吾などなど、主演級の役者が勢揃いするこの映画は2014年の年末大ヒットしないはずがないほどの気合の入れよう。

栃木県足利市に設置された街1つ分の特大オープンセットなど制作に一体どれだけのお金がかかったのと嫌らしい考えが浮かぶほどの映画です。

 

「バンクーバーの朝日」の原作紹介とあらすじとネタバレを少々

「むこうで3年働けば日本で一生楽に暮らせる」

いつかは日本に帰って喝采を浴びるのだと信じて海を渡った男たち。ひとつの日本人旅館の開業を皮切りに、次々と日本人による商店が軒を連ねていったパウエル街という日本人居住地区。現実は危険かつ厳しい肉体労働の繰り返しを余儀なくされ、低賃金で使い倒され、清潔とはいえない生活環境でなんとか生きようと必至に生き抜いてきた日本人達。

現地のカナダ人からは疎まれ、差別され、様々な日本人排斥を目的にした法令で追いやられながらも家族を作り、子どもが生まれた。日本移民の2世たちである。そんな親世代の差別の苦しみ、白人への憎悪はどこか遠い世界の現実離れした世界にしか思えない無邪気な子どもたち。両親たちがいうほど、差別なんてない平等な世界じゃないか、そう思っていた。

 

成人し仕事につきはじめた2世たち

学校の成績は悪くなかった。白人たちと同じ授業を受け、同じ教育を受け、同じ環境で育った。28才になったレジー(日本名は礼二、妻夫木聡)はここバンクーバーでの厳しい現実を諦めるという形でしか受け入れることに慣れてしまっていた。移住以来40年も経過するのに一向に英語を覚えず、日本人たちとばかり固まって白人たちへの愚痴と憎しみを増していく父。

バンクーバーには日本人会という組織があったが、その組織はカナダ社会への同化を推進。しかし日本人労働者たちは一向に生活環境が改善せず、低賃金で厳しい労働を課され、日に日に経済状況が困窮していく日々の生活に鬱憤を溜め込んでいた。

そんな日本人街、パウエル街にあるたった一つの心の拠り所。それが日本人で結成された野球チーム、朝日だった。

 

野球チーム・朝日

朝日は日本人労働者のコミュニティ内で結成された野球チームで、その他にも幾つかの野球チームが結成されていた。その中でも圧倒的な強さを誇っていたのが朝日で、いつしか朝日でプレーすることは日本人労働者の子供たちにとって憧れとなり、希望の星でもあった。

そんな朝日が白人たちによるチームと戦うリーグ戦に加盟が決まったとき、「白人たちをやっつけろ」という共通の敵に向かいチームへの期待は大きくなった。しかし、連戦連敗。チームはリーグ加盟から万年最下位という屈辱的な成績を残していたのである。

仕事でも、生活でも、野球でも白人に敵わない。2世という境遇でカナダに産まれ育った彼らは、その複雑な環境の中で様々な葛藤を各々が抱えつつ生きていた。

 

頭脳野球で活路を見出す朝日

そんな連戦連敗を繰り返していた朝日だったが、レジーのある一つのプレーから活路を見出していく。送りバント。盗塁。ひたすらバント攻撃、そしてひたすらに走る。小さな体格と貧弱なパワーは白人たちとの対峙で嫌というほど痛感し苦汁をなめてきた彼らだったが、そのデメリットをメリットに変えることに成功したのである。

 

杉山せい(本上まなみ)という悲運な女

ここはあえてネタバレは書きません。詳しくは映画を見て欲しいのですが、この女の描写ははっきり言って重い。心臓が張り裂けそうになるほどに重い。16才で単身カナダに渡り、悲しい運命のもと娼婦として生きてきた彼女。映画ではどのように映像化されるかわかりませんが、これは結構キツいシーンになるのではないかと思います。

 

大切な友人との試合で大乱闘・出場停止処分を受ける

連戦連敗だったチームが初勝利を収めて以来順調に白星を重ね、優勝を狙える位置につけた朝日。レジーの同級生で親友だったカナダ人のライアンが所属するチームとの対戦。幼いころにいつか野球チームで対戦しようと約束したことを懐かしく思い出す両者だったが、ひとつのデッドボールを皮切りに大乱闘に発展。

試合はそのまま収集がつかなくなり中止。その後朝日に下った処分は出場停止でした。

 

フランク野島(池松壮亮)の悲しい最期

朝日の一員であり、ホテルマンとして働いていたフランク。出場停止処分が下り誰もいない野球場でレジーと2人で話していると、急にこんなことを言い出した。「俺、仕事クビになった」。そして、「それで俺、日本に行くことになった」。親戚が仕事の紹介をしてくれるという。日本への旅立ちに見送りに来てくれる友人たち。いつかまたどこかで、一緒に野球をしよう。

それから時が過ぎ、日本人街に映画館ができた。英語での洋画ばかりの上映だったので自ずと英語がわかる2世ばかりが集まるようになった。その映画館には、上映前に日本のお戦争状況を伝える映像ニュースが流れた。

日に日に戦況が悪化し、泥沼化していく日中戦争の様子を伝えるナレーションと共に、軍服姿で更新するフランクの姿が映し出される。彼はカナダから遠く離れた国、中国で星になった。

 

朝日の劇的な優勝

マウント・プレザント対朝日。勝敗で並ぶ2チームのシーズン最終戦は勝ったほうが優勝という大一番、優勝決定戦。手に汗握る攻防、逆転に次ぐ逆転に球場に詰めかけた大勢の観客と共にラジオに釘付けになる人々。

9回裏、1点ビハインドを逆転しサヨナラ勝ちで朝日は勝利を収めた。優勝。彼らを取り巻く環境が一変し、これで全てがハッピーエンド。に、なるはずだった。

 

真珠湾攻撃による日本人排斥措置

日本軍が真珠湾攻撃でアメリカを攻撃。日米は戦争敵国になり、アメリカと友好国だったカナダでは日本人排斥の動きが急速に動き始めていた。パウエル街に住む日本人たちは敵国の人間として、強制収容所へぶち込まれた。

自らの運命を呪いつつも、強制収容所では畑を耕し、学校を作った。そして決して広くはない広場で、レジーは以前と同じように野球を楽しんでいた。

 

時は2002年、朝日が野球界の殿堂入り

満員の球場。孫を持つ年齢になり年老いたレジーは朝日の頭文字、Aという文字が入った帽子をかぶり、一歩一歩ゆっくりを歩を進め、感慨に浸りながら歓声を浴びる。みんな聞いてるか。

みんな見てるか、俺たち、ついにカナダの野球界で殿堂入りしたんだぞ

 

実話と元にしたバンクーバーの朝日

ここまで紹介してきたあらすじは「映画・バンクーバーの朝日」の公式ノベライズ本の内容です。ただ、この話にはモデルになった人々がおり、その人達の実際の話を基に構成されています。公式ノベライズ本によると、このような記述がありました。

この物語は、映画「バンクーバーの朝日」とそのバックグラウンドにある史実を基に作られました。文中のいくつかの団体・個人・地名・事件は歴史上に実在する、もしくは実際に起こった出来事ですが、年号設定、チーム選手名等々はすべてフィクションです。また、現代においては不適切ともされる表現・用語がありますが、作品の舞台となってる当時の時代背景を鑑み、そのまま掲載させていただきます。

バンクーバーの朝日(マガジンハウス文庫) P307より引用

このバンクーバー朝日に関するエピソードは漫画化もされ、「日本人の誇り★奇跡の日系野球チーム」としてフジテレビの「奇跡体験!アンビリバボー」でも特集が組まれました。日本野球界の片隅で確かに存在した話なのです。


スポンサーリンク



Pocket
LINEで送る

Top