原作文庫版・紙の月のラストまでのあらすじネタバレ

スポンサーリンク

原作小説の紙の月は2014年11月に宮沢りえさんの主演で映画化されることになりました。紙の月は原作が注目を集めただけでなく、2014年の1月に原田知世さんの主演でNHKドラマとして放送されていました。その際にも大きなインパクトとリアリティにあふれた作品でしたが、今回はそのイメージも脱ぎい切れないうちの映画化となりました。

映画の予告を拝見しましたが、若干原作やドラマバージョンとは異なるようなシーンも多々あり、ひょっとすると細かい描写、あらすじ、登場人物の面では異なる可能性があります。今回は原作小説という前提のなかで、ラストの結末までのあらすじをご紹介します。

 

スポンサーリンク

紙の月のあらすじ;どこにでもいる主婦の銀行横領事件

紙の月 (ハルキ文庫 か 8-2)

紙の月のあらすじを一言で言う慣れば、子どもが出来なかった孤独な主婦の銀行横領事件です。孤独、と言いましたがその境遇は特別悲惨なものでも、珍しいものでもありません。どこにでもいる夫婦であり1人の妻が、自分の居場所と存在価値求めていくうちに泥沼にはまっていき、追い詰められていく話です。

主人公の梅沢梨花だけでなく、そのほかにもフォーカスされる女性、男性がいます。彼、そして彼女たちの織りなす日々の”金銭感覚”を巡るストーリーが絡み合い、誰も触れようとしない心の奥底にある感情を遠慮無くえぐり出していきます。

最大テーマは女の金銭感覚

この作品のテーマは「女性の金銭感覚」がメイン。主婦、主婦から働きに出たパート、離婚を経験した働く女性、そして自分の生活レベルに見合わない金銭感覚に溺れる女性…。登場人物全てに金銭感覚がつきまとい、そしてそれに付随してくるものをリアルに描写していきます。

NHKのドラマも原作小説も拝見しましたが、特にドラマの方が結構シリアスな場面が多く大きなインパクトを受けました。決して楽しいドラマではありませんし、見終わった後に元気になれるわけでもありません。でも、見終わった後に後悔はしない作品だと思います。

女性だけじゃなく男性もみるべき

主婦を中心に話題になった今作品ですが、女性だけでなく男性にも見るべき価値があります。夫婦関係のリアルな描写と、夫婦の会話の一つ一つの言葉の積み重ねが関係を築いていくのを痛感させられます。

お金の問題は今の日本人の大半の方にとって関心があることでしょう。それぞれに感じるものがあるだろう、そんな作品です。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top