Huawei Ascend Mate7,G620sの中古・白ロム取り扱いサイト

スポンサーリンク

中国メーカーのHuaweiのSIMフリースマホもようやく日本に定着してきた感があります。私が以前使用していたAscend G620s、ミドルモデルとして高い人気を得たAscend Mate7の中古・白ロム端末の取り扱いが徐々に増えてきました。

Huaweiのスマホは実際に使用してみて「結構いいじゃないか」といのが正直な感想です。なので、Huaweiの中古・白ロムをお探しの場合は前向きに検討してみてください。当記事では、そのHuaweiのAscend Mate7とAscend G620sを在庫がある中古販売サイトを紹介します。

スポンサーリンク

HuaweiのSIMフリースマホ・Ascend Mate7,Ascend G620sの中古・白ロムを取り扱うネット通販サイト

AscendG620s

Huaweiのスマートフォン戦略では、中国製に嫌悪感を示さない20代前半~30代、特に男性の方をメインターゲットにしているとのこと。私もそのど真ん中にいますし、もしかするとこの記事をご覧になっている方もその年代に合致しているかもしれません。ユーザーからは結構評判いいんですよ、Huawei。

Ascend Mate7、Ascend G620sが発売されたのは2014年12月あたりだったので、半年経過して中古端末が老舗の販売サイトでも徐々に増えてきました。結論を先に言っておくと、Ascend Mate7、Ascend G620sはイオシスでの取り扱いが多いです。

イオシスーHuawei Ascend Mate7

ただし、Ascend G620Sの場合中古での購入はオススメしません。詳細は後で述べますが、まさかの事実が発覚しましたw

念のため明記しておきますが、中古品という特性上在庫の有無は刻々と変化するものです。その時々で在庫があるかはわかりませんので、リンク先で小まめにチェックしてみてください

Ascend Mate7の中古・白ロム端末の取り扱い業者と価格

AscendMate7

Ascend Mate7の取り扱いが多いのはドスパラ、イオシスの2つです。状態が良く値段が高めなのがイオシス、状態がやや落ちる代わりに値段が安いのがドスパラです。両方とも写真掲載無しなのが残念。

ドスパラで販売されているのは3万円前後(新品は価格コムで48,500円~)と比較的手ごろなのですが、状態説明が「キズなく良好」とか「程度良好」、「目立つ傷汚れ等無く状態良好」といった説明だけです。

酷い場合は「Aランク」といった説明のみで、どのランクがどういう状態なのか非常に分かり辛い…。せっかくスマートフォンをウキウキ気分で買うのに、説明が雑だと気分も萎えますよね。この辺りがドスパラのデメリットかなぁ。

Huawei Ascend Mate7を状態のいい中古品を安く手に入れるならイオシス一択

一方のイオシス。Ascend Mate7の中古は4万円前後。ドスパラと比べて値段がかなり上がります。

しかし、しかしです!

イオシスには開封しただけの未使用品、工場集荷状態の品(税込43,800円)、数回程度使用しただけのAランク品(税込41,800円)が多い!!これが最大の魅力。

使用期間が短かったり、特に目立つ傷のない中古品のBランクで3万円代後半の値段設定です。新品が48,500円なので、出荷状態の未使用品が約5,000円安く手に入ります。これは結構大きい。

スマートフォンは性質上、人の手でガッツリ触るものです。例え値段が安くても、他人の手で長く使用されたもの、使用感が強いものは気分的に嫌、気持ち悪い、こういうのは出来れば避けたいという人も多いと思います。私も、その一人です。

値段が多少高くても、新品に近い品を、新品より安く、上手に節約購入する。こういう買い方をしたい人は断然イオシスでの購入お勧めします。

イオシスでの在庫状況のチェックはこちら→イオシスーHuawei Ascend Mate7の在庫状況と中古価格

あ、保証条件はイオシスであれば1カ月~、未使用品は半年もあります。送料は500円。イオシスの保証は1か月、送料は税込669円なので、条件はイオシスの方が少しいいですね。あとは端末ごとの詳しい写真があれば完璧なんだけどなぁ~!

Ascend G620Sの中古・白ロム端末の取り扱い業者と価格

Huawei Ascend G620sの外観

私が記事を書いている時点でAscend G620Sの在庫を確認できるのが、イオシス。ただし取扱数はかなり少ない。偶然かもしれませんが、私が見た時にはソフマップ、ドスパラにはありませんでした。私も使ってるのに、人気ないなぁ~w

で、イオシスでのAscend G620Sの販売価格を見ていくと未使用品で21,800円。で、新品の価格はというと、記事執筆時点で21,186円。

あ、あれ?

  • 中古未使用品=21,800円
  • 新品=21,186円

え、新品の方が安い?

中古の未使用品が新品より高いって!なんでやねん!

記事執筆時点では謎の逆転現象が起きていますが、もしかしたら今後適正な値段に変更される…かも?それでも中古価格をチェックしたい場合は下記リンク先からどうぞ!

イオシスーAscend G620Sの在庫状況

【追記】

DMMモバイルにて新品のHuawei Ascend G602sが端末価格何と12,800円と特価セール中です。中古で購入するよりも明らかに安いので、検討中の方は是非チェックしてみてください。詳細はDMMモバイルの公式サイトで。

→ 【DMM mobile】加入するなら今がチャンス


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top