【朝ドラマッサン】竹鶴政孝とリタの出会いと結婚の馴れ初め

スポンサーリンク

NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」の主人公、亀山夫婦は実在の竹鶴夫婦がモデルになっています。当時珍しかった国際結婚を果たし夫婦になった2人の出会いのきっかけと結婚のなれそめをご紹介します。ドラマでは既に結婚した状態で話がスタートするので、出会いなどの馴れ初めは回想シーンで描かれると思います。

 

スポンサーリンク

竹鶴政孝とリタの出会い

竹鶴政孝とリタ夫婦

竹鶴政孝は本場のウィスキー製造技術を学ぶためにスコットランドに留学。そこでは数々の生産現場を訪れてはただ働きで技術を習得し、のちの日本初の国産ウィスキー開発に大きな役割を果たすことになります。スコットランド時代はグラスゴー大学で化学の授業を専攻し学んだ記録が残っています。

そのグラスゴー大学でエラという女性と出会い、後にエラの実家に下宿することになります。後に妻となるリタはエラの姉でありました。下宿生活を続けていくうちに関係が深まり、クリスマスにプロポーズ。そののちにスコットランドで2人だけの生活を始め、その後日本へとやってきます。

現地でも日本でも歓迎されなかった国際結婚

当初は二人の結婚に周囲が困惑したいう様子が描かれた記録があります。リタの母親は結婚を聞き、「娘の考えを改めさせなければ」と発言し、下宿生活のきっかけになったエラは「私の友人が姉の夫になるなんて!」と驚いたと言います。当時のことをマッサンこと政孝は自伝にて「とにかく大反対であった」と振り返っています。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top