型落ち洗濯機が安くなる時期や買い時はいつか?価格推移で徹底分析

スポンサーリンク

洗濯機を含む白物家電の買い替えどきは、一般的に買い換えたいと思った時なんて言われています。確かに、使っている家電が壊れた時や思い立った時が一番の買い時という人もいるのですが、値段という部分では少々事情が違ってきます。

今回は「価格、値崩れ」、「型落ち家電」という観点から、洗濯機をお得に購入できる時期は1年のうち何月なのか?について考察していきます。

スポンサーリンク

ドラム式と縦型で安い時期が違う!

まず大前提として、洗濯機にはドラム式と縦型式の2種類があります。その2種類どちらを購入するかによって買い時が違ってくるので、購入をご検討の方はまずどちらを購入するかを決めておいたほうがいいです。この2種類ではおよそ数ヶ月、価格が崩れる時期が違います。

ドラム式の買い替え時期

結論から言いますと、ドラム式の洗濯機の買い替え時期はおおよそ9月~10月です。

ドラム式洗濯機は新製品の発表に合わせて在庫調整が行われ、新製品の発売の約一ヶ月前から値下げが起きてきます。多くの日本メーカーのドラム式洗濯機はだいたい10月中旬~12月上旬に発売されるので、逆算すると9月~10月ごろが買い時となります。自分が気になる商品のメーカーが決まっている場合は、新製品の発表と発売の時期を調べておくと値崩れの時期が読みやすいですね。

また、新製品の発売から2ヶ月ほど経過し、しかも在庫が残っている場合は大幅な値下がりが起きます。これは「売れ残った在庫を売ってしまいたい」という販売側の意向で、購入側からすると大変お得な値段で購入が可能です。しかし、新製品お発売から2ヶ月経過してしまうと、大体の場合は品切れしてしまいますから、品切れギリギリを狙うのもまた難しいところです。

縦型洗濯機の買い替え時期

縦型洗濯機の場合は技術も既に成熟しており、大幅なモデルチェンジは少ない種類です。それでも少ないながらも、値段が下がりやすいのは4月~6月頃で、この時期がひとつの狙い目だと言えます。

 簡易乾燥の場合は4月、乾燥付の場合は6月ごろにモデルチェンジが行われ、ドラム式同様新モデル発売の1ヶ月前から値段が下がりやすくなります。東芝の場合はモデルチェンジの時期が早く、2月ごろには値段が下がってくるので、東芝狙いの方は早めにチェックされることをおすすめします。

ただ、縦型の場合は先程も述べたようにモデルチェンジの種類が少ないので、既に値段が下がりきっておりいつ購入してもそれほど値段に大差はないという意見もあります。おそらく、量販店によって取り扱う機種の多さ少なさもあるでしょうから、取り扱いが少ない量販店の場合は値段の上下が少ないのではないかと思います。もし縦型洗濯機を安くお買い求めたい場合は、取扱機種が多い大型店舗かネット通販での購入がおすすめです。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top