ASUS Zenfone2の魅力:感想&満足度を他機種比較でレビューする

スポンサーリンク

普通、レビューっていうと画像が豊富で使い心地や機能面をしっかり紹介する記事のことを言うのでしょうが、Zenfone2をしっかり使いこんでみて思ったのは、それでは十分Zenfone2の魅力が伝わる気がしないってことでした。確かに、Zenfone2は性能怪獣というフレーズがよく合う、高機能で購入しやすい価格の優れたスマートフォンです。

でも、それはマーケティング的に言うなら、単なる機械が持つ単純機能の紹介でしかありません。Zenfone2の魅力はそれを所持することによる感情的な満足も十分ある機種です。この精神的な満足度という今までとは少し違ったレビューと感想の紹介をやってみたいと思います。(当記事は非常に長文のため、スマホ画面では2つに分割してお届けしています)

スポンサーリンク

Xperia、iPhone…有名機種との比較から見るZenfone2の魅力と感想をレビュー評価

Zenfone2

このレビューの趣旨は「各機種の公式配信動画から受ける印象、メッセージから逆算してそのスマホの魅力を明確にし、さらに比較することによってZenfone2の魅力をより際立たせる」という所にあります。

日本のスマートフォンユーザーは価格とかスペック、機能面ばかりを重視しがちです。かといって、iPhoneユーザーの大半は「機能面よりもなんとなく」という理由で選んでいる人が多いのも事実ですよね。

だからこそ、日本のスマートフォンの有名機種の魅力ってじゃあそれぞれどこにあるのか、それとZenfone2を比較してみてどうなのか、実際使用してみてその印象とその魅力に相違がないか、Zenfone2と愛書が良く満足して使える人たちってどうなのよっていうところにフォーカスしてみたいと思います。

端末の機能面にフォーカスした感想はこちら→ASUS Zenfone2の生々しいレビュー評価

記事の流れとしては、

  1. Xperia、iPhone、Zenfone2の魅力を明確に整理と比較
  2. Zenfone2の魅力を実際に使用してみての相違点
  3. Zenfone2の魅力をまとめつつ
  4. 私が思うZenfone2と相性が良さそうな人がどんな人かと整理

こんな感じでお伝えしようと思います。

※最後に、各機種の魅力の言語化は私が勝手に受けた印象を勝手に言語化したもので、公式の見解とは全く関係がありません。それぞれに印象が違うと思いますし、それぞれの機種の魅力も個人差があると思います。ここでは、「あくまで私が感じる各機種の魅力」という前提であり、世の中にたくさんある意見の中の一つという前提で記事を読んでもらえるとありがたいです。

前置きが長すぎた!やっと本題に!

SONY Xperiaの魅力

まずXperiaシリーズのCM、公式動画を2つご覧いただきたいと思います。この動画から、Xperiaの魅力とメッセージがどんなところにあるか、意識してみてみてください。

この動画をみて受けた印象をはっきりと言語化するなら、私の場合先進的かつ最先端のデジタルが演出する、うずきだす喜びかな?SONYというと大人のスタイリッシュなデジタル遊びとか、先進性に魅力があるブランドだと私は思っています。

「感覚を揺さぶるもの」といった表現も、「今までなかった非日常」と言い換えられますから、必然的に最先端、先進性といったところにフォーカスしているのかな、と(私は勝手に)感じています。

つまり、Xperiaの場合は「デザイン、機能両面で先進的で最先端なスタイリッシュなスマホで自分自身を輝かせる」という隠れたメッセージがあると思っていて、「どうせ持つなら質のいい良いスマートフォンがほしい」という層が合うのだと思います。

Apple iPhoneの魅力

続いて日本で大人気のiPhone。AppleのCMを3つほど。日本で放送されたものも、海外で配信されたものも含めて一度ご覧になってみてください。

 

どんな印象を持ったでしょうか?

これも私が受けた印象を勝手に言語化するなら、人との繋がりを大切に、そしてあなたの生活をオシャレに彩るiPhoneなのかなぁと。iPhoneの動画で特有なのは機能面において全く訴求がされていないところです。日本でもiPhoneユーザーはめちゃくちゃ多いですが、(よほどのApple信者出ない限り)その大半はなんとなく、オシャレ、みんなと一緒という理由で選んでいる人が多いと思います。

つまり、iPhoneの魅力って結局のところは「人と繋がり、おしゃれな生活を彩るツール」という位置づけで、機能面よりも他の事を重視している人に受けているのかなぁと思っています。みんなと同じがいいっていう日本人らしい理由も結局は「人との繋がり」なんでね。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top