【マッサン】亀山エリーの実在モデル竹鶴リタの生涯

Pocket
LINEで送る

 

 

NHK朝ドラ「マッサン」のヒロイン、亀山エリー。彼女のモデルになったのは竹鶴リタという女性で、竹鶴政孝の妻です。彼女はスコットランド出身ですが、現地に留学をしていた政孝と出会い、後に結婚。その後日本で政孝とともに長く日本で暮らし、日本で生涯を閉じました。

当時は国際結婚は一般化しておらず、好奇の目に曝される厳しい時代。外国人というだけで様々な苦難を乗り越え、夫を支え続けた一途な人生に迫ります。

スポンサーリンク

リタの生涯の概略

竹鶴政孝とリタ夫婦

 

まずリタの生涯を時間軸で振り返ってみます。

1896年:スコットランド、グラスゴー近郊の街に産まれる

1918年:リタの妹、エラがグラスゴー大学で竹鶴政孝と知り合う

1919年:クリスマスに竹鶴政孝がリタにプロポーズ

1920年:リタと竹鶴政孝は2人で日本に帰国

1922年:リタ、英語教師として働き始める

1930年:生まれて間もない幼子であった房子を養子に迎える(後にリマと改名)

1935年:余市に移り住む

1956年:札幌の病院に入院。その後体調を崩しがちになり入退院を繰り返す

1961年:1月17日、64歳で生涯を閉じる

 

当時の日本社会と国際結婚

明治~大正期にかけての日本は既に欧米文化が入ってきてはいたものの、国際結婚など想像もつかないことでした。当時は見合い結婚が一般的で、年長者や権力者、家長が中心となって互いの家柄や経済力、健康状態などを考慮し、互いにふさわしいと判断すると当人同士が会い、結婚に同意するという流れでした。

つまり、恋愛結婚そのものが少数派であった時代、しかも男尊女卑。妻は家で黙々と夫を支え続けることが美徳とされた時代の人間にとって国際結婚など考えられなかったのです。家族の反対や周囲からの風当たりの強さ、好奇の目に曝されるなど様々な苦難があったと言われています。

 

 

日本では英語教師として働いた時期も…

竹鶴リタ日本で暮らし始めたリタは大阪で新生活をスタートさせます。キリスト教布教の功績があり、教育者であったローリングス夫妻(朝ドラのキャサリンのモデル?)の尽力もあって、帝塚山学院、桃山中学(現・桃山学院高校)で英語を教える教師の仕事を得ます。ちなみに、このローリングス夫妻は竹鶴夫妻のよき理解者となり、生涯にわたって彼らの熱い友情と協力関係は続いていくことになります。

このとき、同時に日本食の料理の仕方や日本語の修得にも力を注いだと言われています。結果的に流暢な関西弁を話す外国人女性として一目置かれる存在になりました。漬物作りの腕前は一人前だったそうですが、「毎年漬ける季節は体に堪える」と母国への手紙に記されています。

英国との戦争勃発で彼女の立場は急変

中国との交戦状態が続き、さらには彼女の母国イギリスと日本が交戦状態になると、彼女の立場はますます厳しいものになっていきました。彼女が自宅で使用していたただのラジオから秘密の暗号が出ているのではないかとスパイ容疑をかけられ、探知機で調べられたこともあれば、外出の際に警察がしつこく付け回したこともあったそう。

また、イギリス人というだけで列車に乗れず困り果てた彼女は結局自宅に引き返したこともあれば、心ない子供たちや大人に唾をかけられたり、彼女はどんどん精神的にも疲弊していきます。

スコットランドにいる家族からの手紙によると、「もうマッサンには十二分に尽くした。もうこっちへ帰ってらっしゃい」と何度も催促された記録が残っています。実際、彼女の心は揺れたはずですが、彼女は日本を離れませんでした。

 

リタの最期…最終的な死因

リタの最終的な死因は肝臓病です。晩年は健康状態が悪化し、結核や癌をはじめ慢性的な発熱など終始健康状態には苦しめられたといいます。戦時下における彼女への風当たりの強さが彼女の病魔を進行させたのは明らかで、母国への里帰りをするためのパスポート発給も上手く行かなかったといいます。

64歳という年齢で生涯を閉じたことに、夫竹鶴政孝は自伝にて「もし私とではなしに、英国人と結婚して英国で生活していたら、リタの妹達のようにまだ生きていたのではないか、という思いが私の胸を締めつけた」と語っています。

 

竹鶴リタのスコットランドへの帰省

スコットランドの田舎風景

彼女は日本に来てから日本国籍を取得しています。日本での生活がスタートした1920年以来、1925年、1931年の2度母国へ帰省しています。特に1925年の帰省は記録が正しければ約七ヶ月という長期の帰省でした。

また、体調を崩し始め入退院を繰り返していた1959年、妹のルーシーが来日。これが肉親と顔を合わせた最期の時間であり、その3年後の1961年1月に64歳で他界しています。何度も手紙をやりとりいていた母親が死去したときは、一切面倒を見ていないことを理由に遺産を受け取ることも拒否していました。

また、叔母の遺産が手に入った時もその一部を使い余市に幼稚園を建設。現在もリタ幼稚園として余市に存続しています。マッサンとともに歩んだ激動の人生、彼女にとって日本で過ごした幸せな人生であったと願いたいです。

 

【関連記事】

>> NHK朝ドラ・マッサン大特集のTOPへ <<


スポンサーリンク



Pocket
LINEで送る

Top