真田幸村(信繁)最初の妻・梅とその娘、すえの史実詳細

Pocket
LINEで送る

 

大河ドラマ、真田丸の主人公真田信繁の最初の妻となる女性が梅です。梅は真田家に仕える地侍・堀田作兵衛の妹で、信繁とは幼なじみです。

ドラマでの設定と史実との違いは多少あるんですが、梅は実在した女性であることは間違いないんですが、難しいのは彼女に関連する資料がほとんどないことです。梅を演じる黒木華さんは「真田丸 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)」でのインタビューで「ドラマのお梅は、三谷さんと監督が作り上げたキャラクター」と述べています。

スポンサーリンク

 

堀田作兵衛の妹か娘か?信繁最初の妻で最初の子供、すえを産むお梅という女性

まず数少ない資料を元に、史実での梅という助成の概要から解説します。

梅という女性は、「堀田作兵衛の」と表記する書籍が多いです。ドラマでは「堀田作兵衛の」となっており、まずこの時点から謎が多い。真田信繁の最初の妻になったことは間違いありませんが、正室ではなく側室です。堀田作兵衛も地侍という表現ではなく、「家臣」ということになっています。

今の時代から考えると、女性から見れば「側室」として嫁にいくのは否定的な見方が多いと思いますが、当時はこれが普通。当時の価値観では身分階級に非常にうるさい時代ですから、地侍の娘(妹)と真田家の信繁が結婚することは、身分の壁がありました。

そこで、正室ではなく側室として彼女を迎え入れて、結婚、子供を産んだということ。詳細は後述しますが、ドラマでも二人の結婚を側室・正室という括りで見るよりも、当事者二人は幸せいっぱいという雰囲気です。

 

信繁と梅が結婚し、すえという娘を上田で出産

結婚後、すえ(漢字は「菊」と表記)という女の子が誕生。真田信繁と父の昌幸は関が原の戦いに敗れた後、二人は徳川家康から今の和歌山県の九度山という場所に配流処分にされます。このとき、梅とすえは一緒に九度山へは行かず、上田で暮らしたという見方が強いですね。

直系子孫が明かす! 真田幸村の真実」によると、娘のすえは信州小県郡の石合十蔵道定のもとに嫁ぎました。この石合家は中山道(なかせんどう)長窪宿の本陣を務めたとのこと。

調べてみると、確かに今でも公式サイトを発見。

nagakubo

よく記事を読んでみると、「長久保宿本陣(石合家)」という紹介があり、その中に下記文言を発見!

江戸時代を通じて本陣と問屋を勤め、四代当主のもとには真田信繁(幸村)の娘が嫁いでいます。現存する遺構としては、大名・公家などの賓客が使用した「御殿」と、幕末に構築された表門(薬医門)があります。

御殿は、腰高障子や欄間、書院造りの意匠細部の様式から、17世紀後半の構築と推定され、中山道中では、最古の本陣遺構であるといわれています。

引用元:長久保宿本陣(石合家):町指定文化財(URL切れ)より

ほほぉ…確かにこの真田信繁の娘こそ、まさしくすえですね。

 

大河ドラマ・真田丸での真田信繁・梅夫婦の恋の行方と娘のすえ

ドラマでは信繁と梅はお互いに心を開ける両思いの仲。

信繁が父親の昌幸に振り回されて、悩んでいる時も、梅には心の中を素直に打ち明けることができるし、梅もそういう信繁を受け止めてあげる、次第に結婚へ近づいていく、という仲。それを信繁の幼なじみで、後に信繁生涯のパートナーとなる高梨内記の娘、きり(長澤まさみ)がイライラしながら二人を眺める、というシーンが多い。

梅と信繁の結婚も身分の違いから身内に反対に遭うなど難しい局面もありますが、一番強烈なのが祝言のシーン。息子の祝言すら政治利用、しかも祝言の場を使って暗殺を平気で行うという父の昌幸の冷徹ぶりが見どころでしょうか。

ただ、真田丸の簡易版のあらすじを読んでいてびっくりしたのが、梅は結婚すえを出産してまもなく、徳川家康を蹴散らした第一次上田合戦で死去してしまうことです。しかも、戦死。残された娘のすえを、きりが預かって育てていくという流れでドラマは進んでいくようですよ。

ドラマ紹介やあらすじは上記ガイドブックにて。

 

>> NHK大河ドラマ・真田丸大特集ページへ <<

スポンサーリンク



Pocket
LINEで送る

Top