大河ドラマ花燃ゆ・第12話「妻は不美人」のあらすじネタバレ

スポンサーリンク

NHK大河ドラマ、花燃ゆの第12話「妻は不美人」のあらすじです。前回、第11話「すれちがう恋」の続き、放送日は3月22日。花燃ゆの原作本1巻の収録はここまで。

 

スポンサーリンク

大河ドラマ花燃ゆ・第12話「妻は不美人」のあらすじネタバレ

花燃ゆ 一

第12話のメインは夫婦となった文と久坂の愉快でぎこちない新生活と予期せぬ江戸遊学の急展開です。ちなみに、ドラマでも取り上げられる「文は不美人」という久坂玄瑞の言葉は史実通り。

松陰やその他の勧めがあったにも関わらず「容姿が好みでない」との理由で文との婚約を渋っていたといいます。しかし「嫁を容姿で選ぶなどもってのほか!」と一喝され、ついには玄瑞が折れたといいます。ドラマの中では照れ隠しもあったのでしょうが、この一件は一応歴史通りになっています。

妻は不美人じゃから嫁には貰いとーない

婚礼に宴に場が盛り上がる中、照れくさそうにその中心にいた久坂と文。それを茶化すように酒に酔った高杉がからかうが、豪快というべきか、空気が読めないというべきか、その場に相応しくないことを口走ってしまう。

「しっかし久坂のやつ、あれだけ言うとったのにのぉ…文は不美人じゃから嫁には欲しゅうないと」

その場は一気に凍りつく。なんとかその場を凌ごうと塾生たちが盛り上げようとするが、沸点が最高潮に達した文、激怒。

杉家での夫婦、新生活

久坂が1人で住んでいた長屋は引き払い、とりあえずは杉家で共に生活を始めることになった夫婦。できるだけ早く家を探すという久坂に、新しい家族がやってきてにぎわいを見せる家に皆一様に笑顔が溢れる。

「つまらんことでへそを曲げるな、早う仲直りせい」と皆が文に言い、文も機嫌を取り戻し始めた。ただ、どうにも素直になりきれない2人のぎこちない会話に周囲は笑う。

 


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top