大河ドラマ花燃ゆ・第10話「塾生たち暴れる」のあらすじネタバレ

Pocket
LINEで送る

 

 

NHK大河ドラマ・花燃ゆの第10話「塾生たち暴れる」のあらすじです。前回の第9話「つまらない男」の続き、放送日は3月8日。

 

スポンサーリンク

 

花燃ゆ・第9話「塾生たち暴れる」のあらすじネタバレ

第9話のメインは吉田稔麿です。吉田稔麿は1864年7月、京都で新選組に襲撃された池田屋事件で命を落としました。享年24。

稔麿の死の真相には諸説あります。池田屋に潜伏していた所を新選組の襲撃を受けて斬り殺されたという説や、そこから辛くも逃げ延びたが幕府の使いと相対し、そこで命を落としたという説、長州藩邸に逃げ込むも扉が開かずそこで自刃した説、長州藩邸で異変を知り池田屋に向かう際に命を落とした説など、その死の細かい真相はわかっていません。ただ、池田屋事件で命を落としたという事実だけわかっています。

第9話で吉田稔麿が取り上げられたことにより、久坂玄瑞、高杉晋作、吉田稔麿と「松陰門下生の3秀」と言われた人物たちの若き日を代わる代わる描いてきたことになります。第9話のメインテーマは吉田稔麿の江戸遊学願いですが、サブテーマでは「ふぐ」が取り上げられます。ふぐを食べるべきかどうか?その人の思想に迫るテーマで、ここでは言及しませんが、是非放送をの中で見て欲しいポイントです。

 

是非とも江戸に人材を

吉田稔麿は学問に精を出していくうちに、焦燥感を募らせていた。学べば学ぶほど、こうしちゃおれん、何かしなければいけない、何か行動を起こしたい。本音では江戸へ遊学に行きたいが、身分も低くそんな金もなく自嘲気味になっていった。

しかし寅次郎は藩に優秀な人材を江戸に送るべきとの進言をしており、さらには塾内にいる優秀な人間を推挙する旨を手紙で書き記していた。順調にいけば、稔麿は江戸へいくことが叶う。

しかし、そんな二人の願いを打ち砕き、またも立ちはだかったのは椋梨。江戸に活かせる人材は明倫館から出す。「吉田松陰の弟子を江戸にやる訳にはいかぬ」稔麿の願いは叶わなかった。

 

なぜ江戸に行くのか?教える者、学ぶ者の考え

それを聞いた寅次郎は意外なことを話し始めた。江戸に行って何がしたいのか?それはここで出来ないことなのか?何の志を持って君は江戸に行こうとしているのか?江戸や長崎に行けば何かが変わると誰もが信じて疑っていなかったが、寅次郎はそうではないと言う。

寅次郎の義理の弟である小田村伊之助のもとに相談を持ちかけた久坂玄瑞と高杉晋作だったが、彼も同じようなことを言う。「あれは嫌だ、これは許せぬと息巻いておるが、お前たちが何かをやったということは一度も聞いたことがない。やれるもんならやってみなさい。お前たちに出来るので、あればな」と半ば挑発じみたことまで口にし、2人は憮然とした表情でその場を去った。

伊之助は伊之助で、自ら講義を務める明倫館でも挑発じみたことを口走った。「近頃お前たちの学ぶ姿勢はなっとらん。いずれ私塾の人間に追いぬかれてゆくぞ」と言うと、それを聞いていた生徒たちは吉田松陰を思い浮かべ苦々しい表情になった。

明倫館の生徒と松下村塾の塾生

きっかけはささいなことだったが、大喧嘩になった。久坂、高杉、吉田稔麿、伊藤利助と3人の明倫館の生徒と殴り合い、取っ組み合いの大喧嘩に発展した。もちろん、稔麿の江戸行きは正式になくなった。

稔麿は懇願した。やはり江戸に行きたい。江戸で人々の生活を見、その人々がなにに喜びや悲しみを感じ、どういう生活ぶりで異国に対してどう思っているのか。書物の上の学問ではない、行きた人間を見たい!

あまりに鬼気迫る表情に圧倒される塾生だったが、満足そうな表情を寅次郎はあの言葉を口にする。平成の今なお、有名で色褪せない言葉。

「諸君、狂いたまえ!」

 

狂いに狂った塾生が起こした暴挙

この日は明倫館で藩主毛利敬親による視察が行われることになっていた。吉田松陰門下生の江戸行きを握りつぶした椋梨に直訴し、江戸行きの許しを請うていたところ、藩主の毛利敬親が通りかかった。

門下生は皆平伏しながらも、江戸遊学を鬼気迫る思いで直訴した。あの高杉晋作も、もはや狂っていた。吉田松陰による講義を受けた殿、そして門下生。皆、立場は違えど吉田松陰という人物の門下生である。直訴を受けた藩主敬親は、やっぱりいつものあの言葉で頷いた。

「そうせい」

 

>>第11話「すれちがう恋」へ続く

 

>> NHK大河ドラマ・花燃ゆ大特集ページへ <<

スポンサーリンク



Pocket
LINEで送る

Top