お金持ちになるにはどうしたらいいか?その方法は仕事か投資しかない

スポンサーリンク

普通の庶民的な生活をずっとしていくと、お金持ちになる方法がさっぱりわからないと思います。私も以前はそうでした。

仕事を真面目にこなして毎月稼いでいても、せいぜいその金額は決まっているし、稼ぐって言ったって稼げる金額には上限もあるでしょ?普通の会社員が毎月30万円稼ぐのはあり得るけど、300万稼ぐのは現実的じゃない。

そうなると、起業するか宝くじにでも当たるかでもしない限り、お金持ちにはなれませんよね。

そう考えると、世間のお金持ちは一体どうやってお金持ちになったのか、さっぱりわかりません。いったいそのお金、どこからやってくるの?と聞きたくなります。

その疑問を長年抱えていたのですが、最近になってお金の勉強の為に色々本を読んでみたところ、その答えがわかりました。しかも単純な答えです。私が思うに、この世の中でお金持ちになる方法は、大きく分けて2つしかありません。

スポンサーリンク

お金持ちになるにはどうしたらいい?その答えは仕事で稼ぐか投資で稼ぐかの2つしかない

分かりやすいように単純で極端な言い方をしていますが、お金持ちになるには仕事で稼ぐか、投資で稼ぐかの2つしかありません。お金持ちというのは、宝くじやギャンブルのように一度の偶然で莫大なお金を手に入れた人のことではありません。

お金持ちというのは、必ず「お金が入ってくる仕組み」というのを持っています。それも、複数ね。

そして、そのお金が入ってくる仕組みというのは、お金が自分の所に入ってくる流れのことを言います。つまりお金持ちというのは、自分が労働をしてもしなくても、お金が安定的に入ってくる仕組みを作り上げた人の事を言うのです。

普通の人がお金持ちになるまでのオーソドックスな方法

13889-NPO2B4-compressorビジネス Freepikによるベクターデザイン

色んなお金の本、古典、名著、有名な本、色々読んでいくと、みな同じようなことを言葉を変えて何度も紹介していることに気づきました。生まれながらにして財産を持っている人でない限り、その道筋は大抵同じです。その方法というのが、これ。

  1. 労働収入を得る(毎月の収入を確保する)
  2. その収入の中で一定金額を貯金しておく
  3. ある程度貯まったら、そのお金を運用して、お金がお金を生む仕組みを作る(投資)

たったこれだけです。最初は小さな額のお金でも、時間が経過するたびにどんどん大きくなっていきます。まるで雪だるまを作るときのように、最初はほんの小さな雪の塊を転がすことによって、どんどん大きくなっていくのと同じです。

その過程で、お金や経済、世の中の仕組みを真面目に勉強することで投資のリスクを減らし、時に痛い経験をしながら諦めずにコツコツ続けてきた人。それがお金持ちの姿です。

会社員でもお金持ちの人は、会社からの給料、株式投資の配当、不動産の家賃収入などでいろいろ組み合わせて、複数の所からお金が入ってくる人です。

投資というと株をイメージするけど、それだけじゃない

投資なんて言うとギャンブルのような、不確実なものに大金を投じるというネガティブなイメージがあるかもしれません。私も、株にはあまりいい印象を持っていませんでした。

でも、世の中にはいろんな投資の方法も種類もあって、リスクが高いものもあれば低いものもあります。例えば投資信託なんていうのは、専門かにお金を預けて運用してもらい、利益が出れば手数料を払って利息がついてくるという商品です。他にも、元本保証の投資商品もあります。

不動産投資は家やマンション、部屋を購入して他人に貸すことで家賃収入を得られます。自分の投資スタンスや知識、得意不得意を考慮していろんなお金の運用を選んでいくと、そうイメージするほど悪いものではないことがわかります。

もう一つのお金持ちになる方法

もう一つ、お金持ちになる方法があります。それが、仕事で稼ぐこと。それも、圧倒的に。

自分で商売をしたり、報酬額が高い仕事をすることです。医者や弁護士、大学教授、民間の大企業、パイロットなど世間的に高収入と言われる仕事に就くか。そうでなければ、自分で起業するかです。

年収1,000万円~1,500万円程度なら大企業でも狙えますが、2,000万円や3,000万円となると、会社員では狭き狭き門です。大企業の中で、さらに優秀な人たちとの長年にわたる出世競争を勝ち抜き、ようやく手に入るもの。手に入ったとしても既に人生は折り返し地点を過ぎていて、いつまでそのポストにいられるか、というところ。もちろん、社会的地位は抜群に高いですけどね。

起業は難しいものだと決めつけない

起業や独立なんて普通の人には縁遠いことかと思いますが、町の八百屋さんも、うどん屋さんも、ケーキ屋さんだって独立した会社です。

商売の成功・失敗、従業員の事などその責任のすべてが自分に降りかかってくる一方、成功すればその儲けの大半を自分で得ることが出来、リターンが大きいのが魅力。

もちろんリスクはありますが、そのリスクがあることを受け入れて、自分の努力で回避したり、乗り越えるにはどうすればいいか?を前向きに考えて工夫できる人は起業に向いているでしょう。

普通に働いて普通に生活して普通にお金を使っていては絶対にお金持ちになれない

By: epSos .de

By: epSos .de

普通に会社員として働いて、普通にお金を使って、また稼いで…と普通に過ごしている限り、絶対にお金持ちにはなれません。残念だけど、これが真実だと思う。知っているひとは知っているけど、知らないひとは知らないまま。

お金の仕組みを勉強しない人はいつまでたってもそのまんまです。それが良いか悪いかはわからないけど、一般的な会社員を何も考えずに続けていても、世の中でいう突き抜けたお金持ちになれることはまずない。

なぜなら、「お金が入ってくる仕組み」は本人の努力によってはじめて手に入れることが出来るものだからです。その仕組みを手に入れようと願う訳でもなく、そのための努力もせず、意識もしていない人には、絶対その仕組みは出来上がらない。

結局、財産ゼロの人がお金持ちになるためにどうすればいいか?と聞かれれば、仕事で大きく稼ぐか、投資で運用するかしかないってのが答え。もしくは、仕事で稼いで投資でも運用するかですね。

お金持ちになるにはどうすればいいか?の方法がわかったらあとはやるだけ

ちなみに私はお金持ちではありません。これからそうなれるように、今は貯金に励んでいます。まずは種を作ること。その種を自分の目的に合わせて運用する。それをコツコツ長く継続していくこと。その第一歩目の段階です。

これから投資や経済のこともしっかり自分で判断できるようにならないとリスクの軽減にもならないので、貯金と並行して勉強していかないと。あと、毎月の収入をもっと増やす努力もしないと!

大抵の人はこう言っているうちに時間だけが過ぎていってしまうので、1年以内に投資(運用)を始めると自分で決めています。そこまでしないと、自分は絶対に面倒になって逃げてしまうような弱い人間なので(笑)


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top