セブンイレブンドーナツを全種類食べた感想…味はミスドの劣化版

Pocket
LINEで送る

 

 セブンイレブンのドーナツ発売のニュースが流れ、先行販売を行っている店舗はどこなのかは全く発表されませんでした。それから数週間、正式に2015年8月末までに全店舗でドーナツの販売を開始するという発表がありましたね。

関西地区では徐々に対応店舗が増えているようで、何の気なしにフラフラと歩いていたら店先に「ドーナツ販売はじめました」というPOPが置かれているのを何度か目にしました。

おっ、ついに来たか!と心ウキウキ気分でレジに直行、ドーナツ全6種が入ったセットを620円でさっそく購入。やったぜ。

 

スポンサーリンク

 

ついにセブンイレブンドーナツ全6種類をGet

セブンイレブンドーナツの箱

まずセブンイレブンのドーナツについて公式サイトで調べてみると、東京地区と近畿地区で販売しているドーナツの種類が異なっているようです。私は兵庫県で購入したので近畿地区で販売されている全種類を食べましたが、さすがに東京地区のものは手に入っていません。ただ両地区で共通している商品もありますので、商品名と共に記載してご紹介します。

セブンイレブンドーナツのお目見え

ですので、ここでは近畿地区で手に入る全6種のドーナツのレビューと感想を生々しく、そして赤裸々にレポート致します。で、全種食べた感想を言うと「ミスドの方が断然美味しい」という元も子もない結果になってしまいました…。

 

白バラ牛乳のホイップドーナツ(近畿限定)

白バラ牛乳のホイップドーナツ

エンゼルクリームのパクリ。

生地がもちっとしており、ちょっと弾力があります。生クリームはすごくしっとりしているのであまり甘みはなく、どちらかというと生地のもっちり感とまぶしてある砂糖の粉の甘みを楽しむ感じ。ミスタードーナツのエンゼルクリームと比べると、ミスドの方がより生クリームの存在感とボリュームがあります。

ミスドは中の生クリームが主役、生地と粉は脇役に徹していますが、セブンイレブンのこのドーナツは生クリームが脇役で生地と粉の方が存在感があるように思います。コピーや真似は本家本元には絶対かなわないとはよく言われますが、このドーナツもそんな感じがします。

 

もちもちいちごリングドーナツ(近畿限定)

もちもちいちごリングドーナツ

ミスタードーナツのポン・デ・リングのパクリ。

一口噛むと表面についたストロベリーチョコがパリッという音と共に割れて口の中に甘みが広がります。このもちもちした食感が最大の売りになるこのドーナツですが、まさしく想像通り。想像を超える美味しさでもなければ想像を下回ることもない。いちごのチョコレートがやや甘みが強く、子どもが好みそうな「いちご牛乳」のような味わい。

もちもちいちごリングドーナツ

大人よりも子どもの方が好きな味だと思います。悪く言えば安っぽいと言いますか。もちもちした食感はあるものの、中を見てみると空洞になっているので、密度の濃さはありません。たまたま手にとった部分だけが空洞なのかなと思いましたが、全て空洞でした。

 

チョコオールドファッション(東京、近畿)

チョコオールドファッション

残念ですが、ミスタードーナツの方が3倍美味しいです。まず表面がかなり固い。サクッとしているというと聞こえがいいですが、サクッとしているというより固い。しかもすごいパサパサ感です。これは明らかにドーナツの揚げ過ぎだと思います。

 

オールドファッションというと香ばしい香り、表面がサクッと中はしっとりとした生地にチョコレートがアクセントになっている美味しさが魅力ですが、このチョコオールドファッションは明らかに揚げ過ぎています。生地のうち70%が固い表面、生地は残り30%ぐらいしかありません。しかもその生地は若干ネトっとしていてすごく口に残ってしまう。トンカツ食べたら衣7割、肉ちょっとだけ、しかもパサパサだったみたいな感じ。

オールドファッションはすごく好きなので楽しみにしていたのですが、ハッキリ言って期待はずれでした。完全にミスタードーナツの劣化版コピーになっていて、本家と比較すると味のレベルは3つぐらい落ちます。

 

ダブルチョコドーナツ(東京、近畿)

ダブルチョコドーナツ

これは美味しい!表面にたっぷり塗られて固められたチョコレートとチョコ風味満載の生地。チョコ×チョコのドーナツですが、コーヒーともよく合います。若干パサつく感じはありますが、チョコレートの甘みが上手くカバーしてくれて、上手にまとまっている印象です。

甘いドーナツは好きじゃないという人はあんまりいないでしょうから、失敗したくなければこの無難なダブルチョコドーナツを選んでおくといいと思います。

 

もっちリングドーナツ(近畿)

もっちリングドーナツ

表面に砂糖シロップ?が固められていて、もっちりとした食感のドーナツパンといったところ。使用している生地は白バラ牛乳のホイップドーナツと同じだと思います。違いは表面にかかっているのが白い砂糖粉か固められたシロップになっている点。

もっちりんぐドーナツの表面

口に入れてドーナツをかじると、表面のシロップにヒビが入って口の中に甘みが広がります。甘みは結構チープといいますか、結構きつめの甘さです。個人的にはちょっと甘すぎるような気がします。食べていると甘みが強すぎて飲み物が欲しくなるぐらい。

また、ドーナツ自体が他の種類と比較すると一回り大きいので、かなり食べごたえがありました。ただ正直「もう一回これ食べたい?」と聞かれたら、「もういいです」と言うと思います。

 

宇治抹茶オールドファッション(近畿)

宇治抹茶オールドファッション

抹茶風味のドーナツ。かじると中の緑色の生地がこんにちは。口の中で抹茶の風味がフワァっと広がります。さきほどのもっちりドーナツと同じく、表面は砂糖シロップで固められています。表面は砂糖の甘み、中の生地は抹茶の風味のドーナツです。

宇治抹茶オールドファッションの生地の中

このドーナツは好き嫌いがはっきりすると思います。抹茶好きな人はお口に合うと思いますが、抹茶そこまで好きじゃないなぁって人は好き好んで食べることはないでしょう。抹茶の風味がかなり強いので口にその甘みが残ります。表面はサクサクしていますが、やはりドーナツ自体を揚げ過ぎている感は否めません。結構味と甘みがしつこめのドーナツです。

 

正直、セブンイレブンよりもミスドのほうがずっと美味しい

セブンイレブンドーナツ6種

やはり専門店は偉大です。

どんな言い訳をしようと、どっからどう考えてもセブンイレブンのドーナツはミスタードーナツの商品を意識して作られていますが、実際に全種類食べてみても結局はミスドの劣化版という印象。味と甘みがしつこめで強いのも気になる所です。コーヒーと合わせて食べることを狙って敢えてそういう風にしているのかもしれませんが、ドーナツを揚げ過ぎてサクサクを通りすぎています。

全種類入った6個セットで価格が税込620円という安さなので、そういう意味では価格相応の味と言えます。ミスタードーナツの方がもう少し値段が上ですからね。コンビニという特性を活かして、「手軽にコーヒーと一緒に食べるおやつ」としては受け入れられると思いますが、「1回食べるともう満足」というパターンの人もかなり多いと思います。

 

ミスドは一切戦わずして勝利した!?

セブンイレブン

しかも私のように「やっぱミスドの方が美味しいな!」と気づいて、ドーナツを食べるときはミスドに足が向く結果になるやもしれません。もしくは本家本元のミスドの味と比較してみようという人も多いと思います。

ミスタードーナツは今回のセブンイレブンドーナツに関して、「ドーナツに関心が向けられるのは私達にとってもいいことだ」という内容のコメントを出していましたがミスタードーナツは戦わずに勝負に勝ってしまったような気がします。さすがに長年専門店として生き残ってきただけあって、ちょっとやそっとでは敵わないという印象すら持ちました。


スポンサーリンク



Pocket
LINEで送る

Top