マッサンのヒロイン・エリー演じるシャーロット・ケイト・フォックス

スポンサーリンク

NHK朝ドラ、マッサンの中でエリーを演じる女性、シャーロット・ケイト・フォックス。日本での報道や、Wikipediaにも詳細な情報は掲載されておらず、代表作などもピンとくるような作品もありません。日本における彼女の情報はどこのサイトを探しても表面的なものばかりで、簡単な経歴を紹介するものばかりです。

おそらく彼女は女優としてのキャリアで代表作と呼べるものはいまだなく、これからを期待される女優であることに間違いはないでしょう。今回は彼女の母国アメリカで、朝ドラという日本の国営放送で、しかも国民的なテレビドラマに抜擢されたことをどのように報じられていたのか、母国からの情報、ヒロインの母国スコットランドの記事を翻訳しながら彼女の素顔に迫ってみようと思います。かなり長いですが、日本で一番彼女に詳しい記事に仕上げました!是非最後まで読んでね。

スポンサーリンク

母国アメリカでもシャーロット・ケイト・フォックスの朝ドラヒロイン抜擢は驚きだった

まず彼女はアメリカ本国でもそれほど知名度がある女優さんではありませんでした。日本発信でアメリカへ情報を伝えるウェブマガジン、weekenderというサイトの記事によりますと、彼女本人がヒロイン抜擢に関し驚きの感情を持っていること、そしていまだに信じられない思いであること、朝ドラで初の外国人女性の抜擢に関しとても光栄であることが伝えられています。

さらに、彼女が演じるエリーはスコットランド出身で後に日本国籍を取得します(史実通りであれば)。スコットランド出身で日本人の妻となり、見知らぬ国で長く暮らす女性を演じる…。アメリカ出身の彼女にとって「異なる三カ国の文化を演じるプレッシャーを当然感じる」とコメントしており、その役柄の難しさを吐露しています。

また、未だかつて一度も訪れたことのない日本でのドラマ撮影をはじめ、これから日本語を習得していかなければいけない事情も合わせて記事で紹介。実際に撮影現場では彼女を孤立させないよう通訳が同行し、ローマ字で書かれたスタッフの名札も装着。台本は英語版に加え、ローマ字で書かれた専用台本も用意している徹底ぶり(日本メディア発の情報)。

また、彼女が演じる女性のモデルとなったリタの母国、イギリスでもこのニュースに関連する報道がされています。

役柄のモデルになったリタと自分を重ね合わせる

charlotte kate fox

※画像リンク先でスコットランドでの報道ページに飛びます 

見知らぬ異国の地に降り立ち、言葉を一つ一つ覚えながらその土地に馴染もうと努力する自分と、役柄のモデルのリタとを重ねることがあるそう。リタを演じるに辺り、時間の許す限り、そして手にできる彼女の資料は全てを読んでいるとも。

また、「今の自分は信じられない程のサポートがあり、便利なアプリもあり、マネージャーも撮影クルーもエージェントも私にはある。しかし当時の彼女には何一つそれらはなく、私が感じる以上のスケールで物事を経験していった。そんな彼女が持っていたのは旦那に対する愛情だけであり、これはとても感動的なことだ」とも述べています。

モデルになったリタという一人の女性への多大なリスペクトを感じます。好感度上がりますね(笑)


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top